南大門

歴史的建造物

金剛力士像が待つ門は高さ約25mの重層入母屋造り

「大華厳寺」は聖武天皇の写経の文字から 「大華厳寺」は聖武天皇の写経の文字から

天平の創建時の門は平安時代の自然災害で倒壊し、今目にするものは鎌倉時代に大仏様と伽藍の復興をなしえた重源(ちょうげん)が、宋の建築技法を取り入れて再建したもの。二重の瓦屋根となっているが、下層には天井がなく、下から見上げると、屋根裏まで組み上げられた木材の連なりに圧倒される。21mの円柱は18本使われており、大仏殿の門としてふさわしい威容を誇っている。東大寺は南大門を通らずとも入れるが、戻ってでもぜひ見ておきたいのが、壮大な建築とともに、安置された一対の金剛力士像。過去の解体修理では、この像がほぼ70日間という短い間に2体同時進行で造られたことも確認された。運慶や快慶が率いる集団の手によるこの阿吽の像の力強さをこの目で確かめたい。また、気づきにくいが、北面にある石の獅子像(狛犬)は大変珍しいもので、雄雌両方とも口を開けている。こちらも宋の石材で宋からの工人が造ったものとされている。

宋の技法は「大仏様(だいぶつよう)」ともいわれる 宋の技法は「大仏様(だいぶつよう)」ともいわれる

迫力の金剛力士像(阿形) 迫力の金剛力士像(阿形)

スポット詳細

住所
奈良県奈良市雑司町406-1 東大寺内
電話番号
0742225511
時間
[参拝]終日可
休業日
無休
料金
[参拝料]無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • たった3カ月で彫ったという大きな金剛力士像
    4.0 投稿日:2021.03.21
    東大寺南大門の創建は奈良時代と言われていますが、当初のものは平安時代に大風で倒壊。鎌倉時代に再建されたのだそうです。天竺様の建物で重層入母屋造り高さ25mの国宝建築物。南大門に入ると左右に大きな金剛力士像があります。安置方法は通常の配置とは逆になってるそうです門を守る金剛力士像は運慶・快慶が弟子20人とたった3カ月で彫ったという阿吽の像。高さ8m余の力強い像です教科書で見た通りですが実物は迫力があ...
  • 2021年2月23日以降 [なら仏像館]で展示される《金剛力士立像(金峯山寺)》と[南大門]の金剛力士立像を見比べることお薦めします
    4.0 投稿日:2021.01.23
    現在 主要都市で 緊急事態宣言が発令されていますが [南大門]に近い[なら仏像館]では2021年2月23日から[金峯山寺(奈良県吉野町)]の《金剛力士立像 像高:5.1m 日本国内2番目の大きさ》が展示されます。 日本国内最大の金剛力士立像は[南大門]の金剛力士像(像高:8.38m)ですから 日本国内最大と2番目の金剛力士立像を鑑賞出来るのです。又 [南大門]の金剛力士立像は 阿像が左側、吽像が右...
  • 門からしてでかい
    4.0 投稿日:2020.04.26
    大仏殿への入口として、常に人が溢れ、その観光客が与えてくれる鹿せんべいをねだって鹿も溢れ、ついでに鹿の糞も…。阿吽の像は見上げると首が痛くなるほど。そして力強い。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          奈良公園エリアのおすすめスポット

          奈良のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました