黒門市場

通り

何でもそろう大阪の台所で、安くてうまい鮮魚食べ歩きツアーを

「黒門、ええもん、ほんまもん」と、質・種類・価格の三拍子がそろう黒門市場。昭和創業の老舗が多く、長年の目利きと独自ルートで上質な鮮魚を安く多彩に取り扱う。気が向くままに食べ歩き、おなかも心も満たされて。

巨大な赤提灯のあるメインストリート 巨大な赤提灯のあるメインストリート

200年前から大阪の食文化を支えてきた

1822年(文政5)から続く「大阪の台所」黒門市場。千日前から南へ約580m続くアーケードには、鮮魚・精肉・野菜店を中心に約150店舗が軒を連ねる。そのほか、日用品やブティックなどもあり、「黒門に行けばなんでもそろう」といわれるほど。そのルーツは黒門市場すぐ横にあった圓明寺(えんみょうじ)周辺の鮮魚市場にあり、寺の門が黒かったことから徐々に「黒門市場」と呼ばれるようになったそう。一時は空襲により焼失したが、その翌年には100戸のバラックを建てて営業を再開。次第に客足は戻り、現在と変わらずいつも大勢の人々で賑わうようになった。朝早くには新鮮なネタを求めて大阪キタ・ミナミのプロの料理人が足を運び、昼からは絶品食べ歩きグルメを求めて観光客が訪れる。商人向けの食物販売と観光客向けの飲食と両方の顔を合わせもつ、まさに食のアミューズメントパークだ。

市場の北側は飲食店が多いエリア 市場の北側は飲食店が多いエリア

南側はテイクアウトのできる店も数多い 南側はテイクアウトのできる店も数多い

鮮魚や粉もんグルメにスイーツも!

千日前の正面入り口から南へ歩くと、まずは飲食店エリアにたどり着く。お寿司や海鮮丼に刺身から、たこ焼きやお好みなど大阪名物の粉もんグルメまで勢ぞろい。特に夏の鱧、冬のふぐが有名で、鮮魚店の1割ほどがふぐ専門の看板を掲げているほどだ。さらに南へ歩を進めると、ストリートの雰囲気が変わり始め、テイクアウトもできる食べ歩きエリアへ。ラインナップは鮮魚店の魚介串焼き、果物店のフレッシュジュース、日本茶専門店の抹茶ソフトなど。特に、「深廣(ふかひろ)」の生牡蠣、「ふな定」の串刺しの一口タコ、「魚福(うおふく)」のホタテバターが人気だ。店頭にイートインスペースがある店も多いので、立ち止まりじっくり味わうのも良し。市場内を漂うイイにおいにつられてフラッと立ち寄ってしまうこと請け合いだ。また、毎週土曜には特価市が開催され、極上グルメをリーズナブルな価格で味わえるのでチェックしてみて。

店頭の鮮魚をその場で焼くBBQスタイルで 店頭の鮮魚をその場で焼くBBQスタイルで

「黒門市場 魚一(うおかず)」の名物、サーモンいくら丼 「黒門市場 魚一(うおかず)」の名物、サーモンいくら丼

心温まる会話を楽しむことも市場の醍醐味

「あの店、人の流れが多いな」と地元民に愛され続けるスーパーをのぞけば、ワンコイン以下の鮮魚や生肉がズラリ! 安くてうまい食材を多彩に取り扱うだけあって、足繁く通う常連客たちがひっきりなしに店に出入りする。そのほか、70年以上続く老舗の和菓子屋「三都屋」や分厚いたまごサンドで話題の喫茶「おいで」、全国からコーヒー通が足を運ぶ「伊吹コーヒー」など、鮮魚以外にも注目店がめじろ押し。少し通りを歩けば、「これも持っていき!」「どこから来たん?」「あそこの店もええで!」と関西弁が飛び交う黒門市場。人情味あふれる下町の風情を感じながら、ほっこり温かい気持ちと絶品グルメを思い出に持ち帰ってみてはいかが?

新鮮な魚介や精肉など何でもそろうスーパー 新鮮な魚介や精肉など何でもそろうスーパー

「今日のおすすめは?」など会話も楽しんで 「今日のおすすめは?」など会話も楽しんで

スポット詳細

住所
大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1
電話番号
0666310007
時間
各店舗により異なる
休業日
各店舗により異なる
駐車場
なし
※近隣に有料駐車場(コインパーキング)多数あり
クレジットカード
店舗により異なる
電子マネー/スマートフォン決済
店舗により異なる
Wi-Fi
あり(Osaka Free WiFi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 火が消えた
    3.0 投稿日:2021.03.17
    大阪の名称の一つ黒門市場。食い倒れの象徴なんだけど、コロナ禍で人がいない。あの賑わいがないのは寂しいが、安心して買い物できるのはありがたい!
  • 人はまばらでした。
    4.0 投稿日:2021.03.14
    「大阪の台所」で有名な黒門市場です。日本橋駅が最寄り駅で、道頓堀近くです。大阪を代表する観光地の一つで、数年前伺った時は平日でも外国人で賑わってましたが今は日曜日でも人影はまばらでした。開いていないお店も多く、寂しい印象でした。
  • 今は寂しい
    3.0 投稿日:2021.02.09
    以前はインバウンドで賑わってましたが今は訪れる人もまばらになりました。閉じていた店も何軒かあり少し寂しい気がします。ただゆっくりと買い物はできます

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          心斎橋・なんばエリアのおすすめスポット

          大阪府のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました