NAVITIME Travel

愛知県美術館

美術館

名古屋市東区の美術館。愛知芸術文化センター10階に位置し、昭和30年(1955)に開館した愛知県文化会館美術館を前身とする。国内外の20世紀美術を中心にピカソ、マティス、梅原龍三郎、安井曾太郎などの名作を多数収蔵。特に、ドイツ表現主義やシュルレアリスム、戦後アメリカ美術の動向を示すコレクションが充実している。名古屋の美術品収集家であった木村定三から寄贈された3000点を超えるコレクションには近代日本絵画・陶磁器・仏教彫刻なども含まれ、木村定三コレクション室や企画展で公開されている。

place

愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10F (名古屋エリア)

phone 0529715511

愛知県美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/08 障害者手帳あると半額
オアシス21近くの美術館
企画展示の内容次第で面白さが変わる
常設展もそこそこ変わるので良いかも
障害者手帳あればほぼ半額になるのも嬉しいね
手帳ある人は常設展だけなら無料
この企画展は入場料1200円
投稿日:2019/09/17 「表現の自由」を履き違えた芸術家
栄駅から徒歩3分。
訪館した時は「あいちトリエンナーレ」の会場となっていた。そしてこのイベントは何から何まで酷いイベントであることを実感した。
当日であれば全会場に入れる「1dayパス」(1,600円)が一番安いチケットで、単館のみ鑑賞という料金設定はない。つまり観光客に対する考慮は一切なされていない。
展示場所は複数のフロアに分かれているが、どこにどんな作品が展示されているか、その場所へはどのよ...
投稿日:2019/08/13 『よそ者・若者・ばか者』への情け⁈
知事と市長のバトルで有名となった「あいちトリエンナーレ」へ名古屋の友人と物見遊山で行ってきましたが、『不自由展』が無くとも、最低!!の一言です。この芸術祭に美術館関係者(学芸員)はいなかったのでしょうか。少なくとも関係者に「良心」があるとは、到底、思えない内容でした。豊田市・名古屋市でも連携開催されているようですが、もう、十分、です。8F?の離れた展示室での子供達の為の日比野氏のダンボール作品は...

おすすめ記事

詳細情報

住所
愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター10F [ 地図 ]
エリア
名古屋エリア
電話番号
0529715511
時間
[土-木]10:00-18:00
[金]10:00-20:00
※入館は閉館30分前まで
休業日
月(祝の場合は翌日)、12/28-1/3
※ほか展示替え等による整理期間有り
料金
[入館料 コレクション展]一般500円、高大学生300円、中学生以下無料
[入館料 企画展]展覧会により異なる
駐車場
あり※有料(アートパーク東海の料金による)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(Aichi Free Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          愛知 の主要エリア

          around-area-map

          中部地方最大の人口を擁する名古屋市が県庁所在地の愛知県。 新幹線、電車、飛行機、高速道路、高速船とあらゆる交通機関が整っており、JR東海道新幹線を利用すれば、大阪からは約50分、東京からも約1時間40分で到着します。 名古屋駅前の繁華街はショッピングなどを楽しむ地元の人、観光客で賑わっています。トヨタ産業技術記念館や名古屋港シートレインランドなど博物館・レジャー施設の多く、楽しみ方はさまざま。 また、愛知県というと名古屋のイメージが強いですが、海も山も史跡もグルメも楽しめるスポットがたくさんあります。犬山城や小牧城、明治村など歴史的建造物を満喫することができるのも愛知県観光の魅力。安城産業文化公園デンパークや三河高原キャンプ村など自然豊かなエリアも数多くあります。 県内は電車やバスなどの交通機関が充実しているので、県内をぐるっと巡るのもおすすめです。 個性的なご当地グルメも愛知県を訪れたい理由の一つ。ひつまぶしやみそカツ、台湾ラーメン、おきつねバーガーなどたくさんのグルメがあります。名古屋なら喫茶店のモーニングもおすすめです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          愛知の写真集