関連する記事

関連する観光コース

- 石川 PHOTO ALBUM -

banner_photo

石川県の能楽文化の保存・継承や振興の拠点として、昭和47年(1972)に金沢市に開館した能楽堂。独立した公立能楽堂としては全国初。能舞台は、昭和7年に建てられた金沢能楽堂の本舞台を移築したもので、長い歳月を経て何とも言えない落ち着いた色艶と風格を呈している。8月を除き毎月能・狂言・仕舞の上演イベントを開催。

place

石川県金沢市石引4-18-3 (金沢エリア)

phone 0762642598

石川県立能楽堂の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/29 無料で、予約もなしで「能楽」の舞台を見学できるとはびっくりでした。素晴らしいです。
無料で、予約もなしで「能楽」の舞台を見学できるとはびっくりでした。素晴らしいです。
「兼六園」周辺を散策しているときに見つけた「石川県立能楽堂」です。「能楽」などの日本伝統文化は、なんとなく敷居が高そうで、私にとって無縁だと思っていましたが、まさか、無料で、しかも予約なしで「能楽」の舞台を見学できるとは驚きでした。
ガイドスタッフもついていただき、「能楽」についていろいろ説明をうけることができまし...
投稿日:2020/03/01 全国初の独立した公立能楽堂
兼六園、石川県立歴史博物館・加賀本多博物館、石川県立美術館、石川護國神社に囲まれた場所にある全国初の独立した公立能楽堂。
今回の旅行は急いで観光をしていたので立ち寄れませんでしたがいつかは能舞台を見たいものです。

杜若(かきつばた)の像なるものが建物の前にありました。
杜若とは能の演目のひとつみたいですね。 能について勉強してから見たほうが良いでしょうね。
投稿日:2019/07/14 能楽鑑賞
こじんまりとした趣のある能楽堂です。周囲に県立美術館、博物館、兼六園もあり、国立工芸館が直ぐそばに建設中です。
金沢では藩主の庇護の元でお抱え能楽師も沢山おり、昔から宝生流の能楽が盛んでした。
能楽師方々は無形文化財の保持者ばかりで、若い頃に上京して宝生流の家元の元で修行されているようです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
石川県金沢市石引4-18-3 [地図]
エリア
金沢エリア
電話番号
0762642598
時間
9:00-22:00
[舞台見学]9:00-16:30
休業日
月、12/29-1/3、祝日(文化の日を除く)
料金
[舞台見学]無料
※リハーサル等の場合は見学不可
駐車場
あり
クレジットカード
不可
Wi-Fi
あり

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          石川 の主要エリア

          around-area-map

          北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。