国宝 犬山城

城/城址

2つの付櫓(つけやぐら)が特徴。現存する最古の天守が歴史を伝える

国内に現存する木造天守として最古を誇る犬山城。築城当時のままの材木が多く残されている城で、最上階からの眺望も人気。お殿様になった気分に浸りながら、国宝に指定される城を登ってみよう。

写真右の手前に張り出した付櫓は、侵入する敵を攻撃するためのもので犬山城の特色だ 写真右の手前に張り出した付櫓は、侵入する敵を攻撃するためのもので犬山城の特色だ

現存する最も古い様式の天守として知られる

眼下に雄大な木曽川を望む、小高い城山の上に立つ国宝犬山城。天守がある城山の山頂へは石段を登っていくか、山のふもとにある三光稲荷神社、または針綱(はりつな)神社の境内を抜けて行く方法がある。城は1537年(天文6)に建てられ、天守のみが現存。創建したのは織田信長の叔父である織田信康。築城以来、計3度にわたって戦の舞台になっている。1565年(永禄8)に織田信長、1584年(天正12)に秀吉軍、1600年(慶長5)に徳川軍が城を攻略。戦の場になりながらも、天守が現存していることは奇跡ともいえる。城は三重四階地下二階になっていて、二階建ての入母屋造りの建物に、二階建ての望楼が載っているシンプルな造り。二階から三階への逓減率が高く、スタイリッシュな城だ。

城の地下一階。野面(のづら)積みされた石垣に囲まれる形で階段がある 城の地下一階。野面(のづら)積みされた石垣に囲まれる形で階段がある

二階は武具の間と呼ばれる。柱に大鋸で斫った跡が残り、創建年を知る手がかりになる 二階は武具の間と呼ばれる。柱に大鋸で斫った跡が残り、創建年を知る手がかりになる

4階の最上階だけじゃない。犬山城は細部に見どころあり

見学時は、靴を脱いで城内へ入る。周囲を石垣に囲まれた階段は穴蔵と呼ばれ、侵入経路を1か所にして狭くすることで守りやすい造りになっている。城内は急な階段が続き、各階に大きな展示物は少ない。そのため、一気に展望台のある天守最上階の4階へ登りがちだが、入り口となる地下2階から3階にも見どころがいっぱいだ。たとえば2階の武具の間。長い武器を置いておくため天井が高く、さらに畳敷きの間が城内にあることも珍しい。これは江戸幕府になり、名古屋城にいる尾張徳川家を出迎えるために造られたのではとされている。また、いまだに解明されない不思議のひとつが、城内にある格子窓。通常は棒状の木を縦に配置する縦連子窓が一般的だが、城内に1か所だけ横連子窓があり、「築城の際、職人がデザイン的な遊び心で施したのでは?」という説も残る。そしてぜひ見ておきたいのが犬山城の大きな特色である付櫓(つけやぐら)。侵入する敵を攻撃するため天守に接して造られた付櫓が2つもあり、現存している天守で2つもあるのは犬山城だけ。東南隅の付櫓は正面から侵入する敵を、西北隅の付櫓は石垣を登り侵入しようとする敵を攻撃するために設けられた。付櫓は2つとも1階から内部を見ることができる。

一階にある納戸の間。畳の奥は護衛の武士や忍者が隠れるための場所 一階にある納戸の間。畳の奥は護衛の武士や忍者が隠れるための場所

一階の格子窓。右の縦連子窓が一般的だが、城内には1か所だけ横連子窓がある 一階の格子窓。右の縦連子窓が一般的だが、城内には1か所だけ横連子窓がある

天守を一周。取り囲むような展望台を歩こう!

城内を見て回ったら4階の最上階へ。赤い絨毯が敷かれているが、実は江戸時代からすでに最上階に赤い絨毯が敷かれていたのではという説がある。海外から運ばれたであろう絨毯は当時、希少だったに違いない。そんなエピソードを再現するために最上階には絨毯が敷かれている。そして壁には歴代城主の肖像画、写真が展示されている。さらに4階を囲むように廊下が設けられ、眼下に木曽川、遠くは岐阜城、さらに名古屋市の高層ビルも見ることができる。なお、廊下は欄干が低くスリル満点。町を見下ろしながら歩けば、まさにお殿様気分に浸ることができるだろう。なお、廊下の床には外に向けたこう配が若干付けられている。雨が降った際の排水のためだ。

赤い絨毯の敷かれた最上階。天守の四方を廊下が囲み一周できる 赤い絨毯の敷かれた最上階。天守の四方を廊下が囲み一周できる

天守の最上階。当時のまま、低い手すりの欄干にも趣がある 天守の最上階。当時のまま、低い手すりの欄干にも趣がある

一時期、個人所有だったという珍しいエピソードも

国内にある天守で国宝に指定されているのは犬山城を含めて5城。5つの城のなかで一時期、個人が所有していた城というのは犬山城だけだ。1617年(元和3)、成瀬正成が2代将軍の徳川秀忠から犬山城を拝領。成瀬家は9代にわたって城主を務めた。明治の廃藩置県で愛知県所有となるが、1891年(明治24)の濃尾大地震によって天守が半壊するという大きな被害にあう。そのため、1895年(明治28)に修理を条件として県から旧藩主の成瀬家に譲与され、成瀬家と犬山町民が義援金を募り無事修復された。以後、成瀬家が個人で所有する城となる。現在は、公益財団法人犬山城白帝文庫が所有し、犬山市が日々の管理を行っている。

スポット詳細

住所
愛知県犬山市犬山北古券65-2
電話番号
0568611711
時間
9:00-17:00(最終入場16:30)
休業日
12/29-12/31
料金
【入場料】
[一般]550円
[小中学生]110円
駐車場
あり(130台)
※有料
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、LINE Pay)
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
乳幼児の入店
ペットの入店
不可
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 朝一なら天守閣が混雑しない
    4.0 投稿日:2022.05.28
    犬山城下町きっぷで岐阜駅から訪問。名鉄乗車賃と犬山城観覧料がセットでお得。朝9時に着いたので天守閣まで並ぶことなかったですが、狭い階段のため10時前には大行列になっていました。日本に現存する12城のひとつで国宝にもなっていますので一度は訪問をおすすめします。
  • 戦国時代を満喫!
    5.0 投稿日:2022.05.18
    ゴールデンウィークを利用して日帰りで行きました。お手頃な入場料でした。急な階段を上がり最上階まで行きました。犬山市を一望できました。降りる際は各階の展示物をじっくり見学しながら降りました。鎧や古地図などもあり興味深かったです。
  • 素敵なお城
    4.0 投稿日:2022.04.06
    現存天守の一つ、国宝の犬山城です。犬山遊園駅から歩いていったのですが、20分かからないくらいでした。姫路城のようにど-んと大迫力というわけではないのてすが、趣のあるお城でした。天守からの眺望もよく、気持ちよく見学できました。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          尾張北部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました