東山動植物園

遊園地/テーマパーク

開園80年以上の歴史を誇る日本有数の動植物園

名古屋市東部の丘陵地に広がる東山動植物園は、その広さや飼育種類数で日本有数の規模を誇る。動物園と植物園が一体化して運営されているほか、遊園地や展望タワーなどもあり、世代を問わず多目的な楽しみ方をできるスポットだ。

東山動植物園は国内有数のコアラを飼育している動植物園 東山動植物園は国内有数のコアラを飼育している動植物園

地下鉄駅から徒歩数分、都市に広がる豊かな自然

東山動植物園の敷地面積は約60万㎡と広大で、2つの最寄り駅が利用できる。地下鉄東山線東山公園駅3番出口から正門まで徒歩3分、または星ヶ丘駅6番出口から星が丘門まで徒歩7分とアクセスは抜群。植物園を中心にまわりたいなら星が丘門から入園するのが便利だ。園内は大都市とは思えないほど豊かな自然に囲まれ、「地球のいのちに出会う森」をテーマに、動植物本来の生態や生息地紹介に力を入れている。動物園では小さなメダカから巨大なゾウまで飼育し、その種類数は約450種と日本一。植物園では約7000種にものぼる世界中の植物を展示しているほか、国の重要文化財で「東洋一の水晶宮」と呼ばれた温室「前館」などの施設を整えている。

日本最古の公共温室で、開園当初から公開している「前館」 日本最古の公共温室で、開園当初から公開している「前館」

来園者を楽しませる、生息地に近い環境づくり

1918年(大正7)に市内の鶴舞公園で開園後、1937年(昭和12)に現地に移転した動物園。長い歴史のなかで、日本で初めてコアラを同時に飼育した3つの園のひとつになるなど、意欲的にさまざまな取り組みを行っている。学習施設を併設したこのコアラ舎をはじめ、アジアゾウの生息地であるスリランカをイメージした獣舎の「ゾージアム」、イケメンゴリラとして全国的な人気となったニシゴリラのシャバーニがいる「アフリカの森」など、園内に次々と生息地に近い生態が見られる環境を整えてきた。また、夜の生態を見せようと、夏には閉園時間を遅らせた「ナイトZOO」という企画を行うことも。動物園だけでも広いので、正門から植物園入り口を結ぶモノレール「スカイビュートレイン」を利用し、効率的に移動したい。

アジアゾウの故郷スリランカをイメージした、アジアゾウ舎「ゾージアム」 アジアゾウの故郷スリランカをイメージした、アジアゾウ舎「ゾージアム」

動物園の歴史を感じさせる恐竜像。1938年(昭和13)に設置され、名古屋市の「認定地域建造物資産」に指定された 動物園の歴史を感じさせる恐竜像。1938年(昭和13)に設置され、名古屋市の「認定地域建造物資産」に指定された

無料の園内バスで気軽に四季の花巡りを

一方の植物園も、動物園が移転した1937年(昭和12)に開園した歴史あるスポットだ。バラ園、桜の回廊、梅林、しゃくなげの森などに始まり、ビオトープや日本庭園までそろっている。なかでも桜の回廊では、春になると100種1000本の多彩な桜が咲き乱れ、白やピンクに染まるその姿は圧巻だ。すぐ近くには展望休憩所があり、四季折々の花の咲く景色を、高台から楽しむことができる。植物園のいちばんの特徴は、自然の地形をそのまま生かした形で植物を展示していること。丘陵地のため散策ルートの高低差があるが、無料の園内バスに乗れば安心だ。30分おきに2つのルートを往復してくれる。また、1年を通してさまざまな植物の展示会が開催され、即売が行われることも。多くの園芸愛好家たちから人気を集めている。

四季折々に多彩な景色を見せてくれる。展望休憩所からの眺めも抜群だ 四季折々に多彩な景色を見せてくれる。展望休憩所からの眺めも抜群だ

園内には日本庭園や合掌造りの家、水車もあり、和の風景も圧巻だ 園内には日本庭園や合掌造りの家、水車もあり、和の風景も圧巻だ

園内は飲食施設や土産物店が充実

飲食施設としては、動物園本園に7店舗が入るフードコート「ZOOASIS(ゾアシス)」のほか、カフェが動物園園内に3か所。植物園には本格フレンチを楽しめる「ガーデンテラス東山」がある。広大な園内のため、休憩のためにもしっかり場所を確認しておこう。土産を買うなら、ショップは正門近くの「ズーボゲート」、上池ほとりの「ズー・デ・ガッテン」、北園の「ショップノースガーデン」の3か所だ。それぞれ取り扱う商品に異なるものがあるため、ひととおり楽しみながら巡ってみたい。最寄り駅のある地下鉄東山線は都心の栄や名古屋駅に直結しており、帰りにはショッピング施設などに気軽に立ち寄ることも可能だ。

ショップのひとつ「ズー・デ・ガッテン」。各店のオリジナルグッズは要チェック ショップのひとつ「ズー・デ・ガッテン」。各店のオリジナルグッズは要チェック

スポット詳細

住所
愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
電話番号
0527822111
時間
9:00-16:50(最終入園16:30)
休業日
月(祝の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/1)
料金
【入園料】
[大人]500円
[中学生以下]無料
駐車場
あり(1,600台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、WAON、交通系IC)
Wi-Fi
あり(一部エリアにあり)
コンセント口
なし
喫煙
可(園内喫煙所のみ)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 昨年度来園者数全国一位。どこへ行っても見どころ満載!
    5.0 投稿日:2022.07.04
    展示種数が多い。おすすめは、シャバーニの家族がいるゴリラ舎とその隣のチンパンジー舎。彼らは動物園で「生き生きと生活」している。その生活が見て取れるところが東山動物園のすごさだと思う。
  • 自然豊かな動物園です
    4.0 投稿日:2022.04.05
    敷地も広く自然豊かな動物園です。リピートする地元人も多く観光以外の人気もあるのが偉大な動物園です。名古屋の繁華街からのアクセスが便利で良いです!
  • 開放感があっていいです
    4.0 投稿日:2022.04.01
    広い敷地に自然が豊かで、開放感ある動物園です。何度か来た事あるんですが、いつも満喫できる内容と開放的な空間♬

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          名古屋市東部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました