山下公園

公園/緑地

地元の人々に親しまれる横浜の復興のシンボル

横浜で最も有名な公園である山下公園は、海風に吹かれながら都会の景色を望める、観光にもデートにもおすすめの場所。眺望だけでなく、沈床花壇のバラや、公園内に点在する歌碑や記念碑など見どころも多い。

海沿いには広い散策路が整備されている 海沿いには広い散策路が整備されている

関東大震災の瓦礫を埋め立てて造られた

関東大震災の復興事業として、市内の瓦礫などを1925年(大正14)から4年がかりで埋め立て、1930年(昭和5)3月に開園した公園。その5年後の1935年(昭和10)3月に復興博覧会が行われると、公園内には今でいうパビリオンが立ち並び大変賑わったそう。戦後は米軍に接収されていたものの、1954年(昭和29)から段階的に解除され、現在の姿に再整備された。横浜港に沿って横に長い公園で、最寄駅はみなとみらい線の日本大通り駅や元町・中華街駅、JR京浜東北・根岸線の石川町駅などいくつかあるので、利用路線や当日の観光ルートに合わせて選ぼう。

吹き抜ける海風が気持ちいい 吹き抜ける海風が気持ちいい

ここでしか見られない眺望を楽しんで

見渡すかぎりの海と、その先に広がる高層ビル街は、山下公園ならではの眺望。海沿いにはベンチも並べられており、天気の良い日は地元の人や観光客がのんびりと過ごす様子が見られる。公園内には、数多くの歌碑や記念碑が点在している。代表的なものは、姉妹都市であるアメリカのサンディエゴ市から贈られた「水の守護神」、童謡でなじみの深い「赤い靴はいてた女の子像」、「かもめの水兵さんの歌碑」など。また、公園の西端には在日インド人協会から寄贈された「インド水塔」もある。

日中も爽快だが、夜はビルの夜景がロマンティック 日中も爽快だが、夜はビルの夜景がロマンティック

春と秋はバラの名所としても知られる

園内でもうひとつ見逃せないスポットが「未来のバラ園」だ。約160種、1900株のバラが植えられており、立体的で多様なバラの演出が楽しめる。見頃は、春バラが5月中旬から6月上旬、秋バラが10月中旬から11月上旬で、この時期、周囲は華やかなバラの香りで包まれる。例年、周辺ではバラの開花に合わせてイベントが催されるので、事前にチェックしておこう。このほか園内には、6つの大陸へ延びる道をデザイン化した世界の広場や、バルセロナのグエル公園を思わせるカスケードのある楽しい大階段などが整備されている。

バラのシーズン以外にも四季折々の花々が咲き乱れる バラのシーズン以外にも四季折々の花々が咲き乱れる

変化に富んだ散策しがいのある公園 変化に富んだ散策しがいのある公園

スポット詳細

住所
神奈川県横浜市中区山下町279
電話番号
0456713648
時間
24時間(園内自由)
休業日
年中無休
料金
[入園料]無料
駐車場
あり(222台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
備考
※電話番号は横浜市都心部公園担当に繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

文豪ストレイドッグス 第17話・第24話等に登場。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          山下公園・中華街エリアのおすすめスポット

          神奈川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました