三溪園

植物園

日本の美が詰まった庭園で日々の喧騒を忘れるひとときを

製糸や生糸貿易で財をなした実業家の原三溪が、1906年(明治39)に開園した日本庭園。梅や桜、ハス、紅葉などの名所として知られるほか、日本の伝統文化が体験できる貴重なスポットとなっている。

豊かな自然が四季折々の表情を見せてくれる} 豊かな自然が四季折々の表情を見せてくれる

広大な土地に配置された歴史的建造物と美しい庭

敷地面積18万平方メートル、東京ドーム4個分に相当する広大な敷地には、京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物17棟が配置されており、そのうち10棟は重要文化財。江戸時代はじめに和歌山県に建てられた紀州徳川家の別荘といわれる臨春閣や、現存する合掌造りでは最大級の建物である旧矢箆原(やのはら)家住宅、室町時代に京都の燈明寺に建てられたものを移築した関東地方にある木造の塔では最古の旧燈明寺三重塔など、いずれも歴史的価値が高く、このほかにも見逃せない建造物がたくさん。これらが、起伏を生かして造られた庭園と見事に調和する景観は、ため息ものの美しさだ。園内をのんびり歩けば、聞こえてくるのは風の音と鳥のさえずり。園内からは園外の建物がほとんど見えないため、まるでタイムスリップしたかのような気持ちになる。慌ただしい日常から少し距離を置いて、静かな時間を過ごすのに最適だ。

小高い丘の上に建てられた旧燈明寺三重塔は園内で最も古い建物} 小高い丘の上に建てられた旧燈明寺三重塔は園内で最も古い建物

旧矢箆原家住宅は江戸時代後期の入母屋合掌造りの民家} 旧矢箆原家住宅は江戸時代後期の入母屋合掌造りの民家

旧矢箆原家住宅は内部も見学できる} 旧矢箆原家住宅は内部も見学できる

生糸貿易や製糸で財をなした実業家、原三溪

この庭園を造成したのは、実業家であった原三溪。彼は、岐阜県で生まれ育ち、東京専門学校(現・早稲田大学)で政治学・経済学を学んだのち、跡見学校の助教師を務めた。1891年(明治24)、横浜の豪商、原善三郎の孫であり、跡見学校での教え子であった原屋寿(はらやす)と結婚して原家に入籍。原家の家業を継ぐと、個人商店を合名会社へと改組、生糸輸出を始めるなどの経営の近代化と国際化に力を入れ、実業家として成功を収めた。また、富岡製糸場を中心とした製糸工場を各地にもち、製糸家としても知られていた。実業家以外にも美術品収集家や茶人などさまざまな顔をもち合わせた三溪は、住まいを本牧の三之谷へ移すと古建築の移築を開始し、三溪園を無料開園するほか、美術品の収集や芸術家の支援、育成を行った。

見どころ満載なのでたっぷり時間をとって訪れて

その後、関東大震災や第二次世界大戦中の横浜空襲で被害を受け一部の建造物を失いながらも、1953年(昭和28)に財団法人三溪園保勝会が設立されると復旧工事が進められ、今日の美しい姿にいたっている。1989年(平成元)には、原の業績に関する資料や三溪自筆の書画、三溪にゆかりのある作家の作品などを展示する三溪記念館が開館したほか、2000年(平成12)には、三溪の旧宅だった鶴翔閣(かくしょうかく)を修復。この建物は横浜市指定有形文化財に指定されている。園内では、梅や桜、紅葉、新緑など、季節に合わせてさまざまなイベントが催されるので、タイミングを合わせて訪れてもいいだろう。

結婚式の前撮りスポットとしても人気} 結婚式の前撮りスポットとしても人気

園内には池と庭園を見渡す茶屋もある} 園内には池と庭園を見渡す茶屋もある

スポット詳細

更新日:2024.04.14

住所
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 map map 地図
電話番号
0456210634
時間
9:00-17:00(入場は16:30まで)
休業日
12/26-12/31
料金
【入園料】
[大人(高校生以上)]900円
[こども(小学生・中学生)]200円
[横浜市内在住の65歳以上(公的身分証明書をご提示いただいた本人)]700円
駐車場
あり(60台)
※2時間まで1,000円 以降30分毎に200円
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
※ご利用いただけない店舗もございます
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy)
※ご利用いただけない店舗もございます
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(一部店舗では対応できていません)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

文豪ストレイドッグス 第17話に登場。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 素晴らしいお庭です。ゆったりと贅沢な感じ
    4.0 投稿日 : 2023.02.20
    閑静な住宅地の中にある三溪園です。横浜中華街から 20分ほど 贅沢な空間に点在する建物が素晴らしい。茅葺き屋根の建物と池 季節感のある木々で作られた趣のあるお庭です。
  • 観梅もヨシ!
    4.0 投稿日 : 2022.12.22
    紅白梅はもちろん、上海市から贈られた萼の部分が緑色の「緑萼梅(りょくがくばい)」など珍しい種類が数百本と楽しめます。咲く時期が少しずつズレているので、機を逃さないようにする必要があります。
  • 2022年11月23日-12月11日《[聴秋閣]遊歩道一般公開》と知り 12月1日訪問しました
    4.0 投稿日 : 2022.12.04
    2022年11月23日-12月11日《[聴秋閣]遊歩道一般公開》と知り 12月1日訪問しました。遊歩道から見た[三重塔]を背景にした[聴秋閣]の景観は やはり美しいの一言です。 [紅葉]は期待していたほどの美しさを感じませんでしたが [旧天瑞寺寿塔覆堂]の周囲を包む[イチョウ]は 秋感タップリです。一方で [大池]にヒックリするほどの《鴨》がいるのには 想定外の驚きでした。[三渓園]には 何度...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

map map 地図

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました