日光田母沢御用邸記念公園

歴史的建造物

空間の美を堪能できる国内最大の御用邸建築

1899年(明治32)、のちの大正天皇・嘉仁(よしひと)親王の静養を目的に造営された御用邸を復元したもの。3つの時代の建築様式が存在する集合建築群で、国重要文化財に指定されている。建築の粋と野趣あふれる日本庭園の美しさを堪能しよう。

名建築と日本庭園が織りなす美しさは必見 名建築と日本庭園が織りなす美しさは必見

江戸・明治・大正。三時代の面影を残す建築

全106室を誇る御用邸は、明治期に造営されたもののなかで最大規模。江戸・明治・大正と3つの時代にわたって増改築が施されているため、それぞれの時代の建築様式、宮大工の技術が共存した、他に類を見ない御用邸の記念公園だ。建物の中核は、紀州徳川家江戸中屋敷の中心部分。中屋敷は1872年(明治5)に皇室に献上され、赤坂離宮となった経緯がある。江戸の建築様式が残っているのはそのためで、日光田母沢御用邸としては大正天皇の御座所、御学問所、御寝室として使用されてきた。木造の日本建築として、その後の近代建築にも大きな影響を与えてきた一方、シャンデリアや絨毯などを用いた和洋折衷の生活様式も採り入れており、明治期以降の西洋化の一端を垣間見ることができる。邸内の見学所要時間はおよそ1時間というところだが、邸内の心地良さが歩みをのんびりとさせるはず。時間に余裕をもって訪れたい。

2007年(平成19)に「日本の歴史公園100選」に選定された 2007年(平成19)に「日本の歴史公園100選」に選定された

紀州徳川家江戸中屋敷の移築部分にあたる御学問所。壁に梅の木の水墨画が描かれている 紀州徳川家江戸中屋敷の移築部分にあたる御学問所。壁に梅の木の水墨画が描かれている

大正天皇が来客との面会に使用した謁見所。畳の上に英国製の絨毯が敷かれている 大正天皇が来客との面会に使用した謁見所。畳の上に英国製の絨毯が敷かれている

野趣に富んだ庭園も見逃せない

春に桜、夏に新緑、秋に紅葉、冬に雪景色と四季折々に美しい庭園もすばらしい。その時代時代に腕利き技師によって作庭された日本庭園が、伝統的な和風建築と融合して見事な一体感を演出している。日光市の天然記念物に指定されている樹齢400年の枝垂れ桜は、この庭園の名物。毎年4月中旬に見頃を迎える。

毎年4月中旬から5月上旬の開花時期に合わせて特別公開される部屋も 毎年4月中旬から5月上旬の開花時期に合わせて特別公開される部屋も

ここでしか手に入らない「お印」デザインの雑貨

"邸内併設のお土産処では、皇族の""お印""をデザインしたハンカチや日光彫の和雑貨、チョコレートや金つばなどのお菓子を販売している。ここでしか手に入らないものが多いので、チェックしておきたい。""お印""は皇族の誕生とともに与えられるもので、たとえば上皇なら榮(えい)、上皇后なら白樺といった具合に、文字や植物の意匠が用いられる。訪問の印に好きなものを探してみては。"

日光の伝統工芸とお印をコラボさせた和小物・ハンカチ 日光の伝統工芸とお印をコラボさせた和小物・ハンカチ

スポット詳細

住所
栃木県日光市本町8-27
電話番号
0288536767
時間
[4-10月]9:00-17:00(最終受付16:00)
[11-3月]9:00-16:30(最終受付16:00)
休業日
火(祝の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/1)
料金
[入園料]大人600円、小・中学生300円
駐車場
あり(113台)
※普通車300円/2時間
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、PayPay、LINE Pay、d払い、交通ICカード系)
Wi-Fi
あり(受付・売店周囲のみ)
コンセント口
なし
喫煙
不可(駐車場の指定場所のみ可)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 皇室の避暑地の歴史を知れる
    5.0 投稿日:2020.08.15
    地味な建物の見学?と思っていましたが、とても立派で歴史を感じさせる建物で感動しました。主張しない豪華さというか、1つ1つの部屋に品を感じました。3代にわたる天皇がご利用されていたとのことで、ここで生活をしたり、会話を楽しんだりされてたのかぁ…と想像しながら見学。お手洗いやお風呂も見ることができて少し新鮮!外から見るお庭も緑がいっぱいで、自然豊かで素敵でした。東武鉄道のフリーパスを見せ...
  • すばらしい
    5.0 投稿日:2020.03.04
    天皇一族の御用邸。何世代もの建物が組み合わさっていて、建物内と庭園を見学することができる。建物は広く、屏風や部屋自体がとても興味深い。また、庭園は中にせせらぎまで流れ、きちんと整備されていて見応えがある。観光客もほとんどおらず、じっくり見学できて大変よかった。ただし12月で寒く、かなり底冷えがした。
  • 3階[御展望室]は 12月15日-翌年1月31日 の期間限定 特別公開となっています
    5.0 投稿日:2020.02.28
    庭園が一望できる3階[御展望室]は 12月15日-翌年1月31日 の期間限定 特別公開となっていますので 関心ある方は この公開期間中に訪問する必要があります(添付 写真参照)。又 こちらを訪問し 内部鑑賞に関心を持っておられるのであれば 公開エリア出入り口から入り 左側に曲がると 鑑賞可能エリアがスタートし、ヒテオによる説明(12分間 添付 写真参照)がありますので 少し時間的余裕があれば...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          日光・鬼怒川・中禅寺湖エリアのおすすめスポット

          栃木のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました