関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)

今まで知らなかった沖縄に出会える

沖縄県内最大級の博物館と美術館。博物館の常設展は、沖縄の自然・歴史・文化についてひもとく総合展示と自然史など5つの部門からなる部門展示のほか、企画展や特別展も随時開催されている。琉球の伝統的な高倉・民家が再現された屋外展示も人気。美術館では沖縄及び沖縄県ゆかりの作家の近現代美術作品を中心に、日本およびアジア諸国、アメリカの現代美術作品を展示している。

place

沖縄県那覇市おもろまち3-1-1 (那覇・南部エリア)

phone 0989418200

沖縄県立博物館・美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/05/09 沖縄の歴史がわかる
ミュージアムショップ目当てで立ち寄りました。
せっかくなので常設展だけ見ることに。

展示も堅苦しくなりすぎず、映像での解説があったりとても楽しめました。個人的に歴代の琉球王の肖像画が興味深かかったです(残念ながら戦果で焼失したため、戦争前に撮影された写真)。

沖縄の風習や生活の展示もよかったです。
詳しく学びたい人には物足りないかと思います。

ミュージアムショップは広めで商品の数も多かったで...
投稿日:2021/05/02 伝説の石板があります!沖縄の歴史が学べてGood!!
伝説の石板(ホピの石板、沖縄のロゼッタストーン)があります。
港川原人は東アジア最古の原人なので、一見の価値あり。

沖縄の歴史が学べていいです。
投稿日:2021/02/17 博物館は楽しい
博物館は 沖縄の歴史をリアルに見られますのでわかりやすいです。
ミュージアムショップには 品の良いお土産がたくさん並び楽しいです。
また カフェもありゆっくりとくつろげます。

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県那覇市おもろまち3-1-1 [地図]
エリア
那覇・南部エリア
電話番号
0989418200
時間
9:00-18:00
[金・土]9:00-20:00

※最終入館は閉館30分前
休業日
月(月が祝日及び振替休日又は慰霊の日の場合は開館し、その翌平日が休館)、年末年始、その他
料金
【博物館】
[一般]530円
[高大生]270円
[小学生(県外)]150円

【美術館】
[一般]400円
[高大生]220円
[小学生(県外)]100円

※特別展、企画展は別途
※観覧料の変更は決まり次第HP告知します(公式HP:https://okimu.jp/)
駐車場
あり(158台、身障者用4台、大型バス10台、駐輪場25台)
クレジットカード
可(ミュージアムショップのみ)
Wi-Fi
あり(エントランスホールのみ)
喫煙
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。