浅草演芸ホール

劇場

有名落語家も多数出演、年中無休の笑いの殿堂

上野、新宿、池袋と並ぶ東京の落語定席のひとつ。有名な落語家はもちろん、テレビで大活躍の萩本欽一、ビートたけしなどのお笑い芸人や漫才師、講談師など数多くの芸人を輩出し、今なお芸人のホームグラウンドとして利用されている。

のぼり旗や客引きは浅草演芸ホールの伝統のひとつ のぼり旗や客引きは浅草演芸ホールの伝統のひとつ

寄席文化が根付かなかった浅草にできた唯一の寄席

つくばエクスプレス浅草駅の地上出口からすぐにある浅草演芸ホールは、1951年(昭和26)に造られた芝居小屋を改装した落語の寄席だ。「寄席」とは落語、漫才、講談など技芸を披露する興行小屋を指す。関西は漫才、関東は落語といわれているが、当時は浅草に落語を聴ける寄席がなく、落語界からの要請もあり、1964年(昭和39)に開館したのが始まりだ。現在、浅草演芸ホールでは落語協会と落語芸術協会の2つの団体が10日ごとに入れ替わって、年中無休で公演を行っている。

劇場内の入り口。落語芸術協会、落語協会それぞれの主要メンバーの名入り提灯がかかる 劇場内の入り口。落語芸術協会、落語協会それぞれの主要メンバーの名入り提灯がかかる

落語以外のお笑いも楽しめる

11時40分から20時30分まで、昼、夜の2部制でプログラムが組まれ、落語を中心に、漫才、曲芸、マジックなどの演芸を一日中楽しめる。のぼり旗や紅白の提灯、はっぴを着たスタッフの呼び込み姿は浅草っぽく、懐かしい感じだ。チケットは1回3000円の当日券(再入館不可)を館内入り口で購入し、受付スタッフが手でチケットをもぎるもぎり入場。プログラムは落語を中心に、色物といわれるマジック、漫才、紙切り、ものまねなど、バラエティに富んでいる。出演者が建物の壁に掲示されているので、当日の演者をあらかじめ知ることができる。

プログラムにもなっている出演者一覧。黒文字は落語、赤文字は落語や講談以外の演目の演者だ プログラムにもなっている出演者一覧。黒文字は落語、赤文字は落語や講談以外の演目の演者だ

各部の主任演者(トリ)は入り口正面に写真付きで紹介 各部の主任演者(トリ)は入り口正面に写真付きで紹介

肩ひじ張らずに落語を「生」で聴ける

寄席の醍醐味はなんといってもライブ感だ。場内には噺家の声が高らかに響きわたり、ときには客席で笑いも起きる。開館した1964年(昭和39)は1回目の東京オリンピック開催年で、テレビが各家庭に普及し始めた時期でもあった。それまで興行していた芸人がテレビに出演するようになり、一時は寄席から客足が遠のいたときもあったという。しかし、アニメ、漫画などで落語が取り上げられるようになると、いろいろな年齢層の観客が興味を持つようになったそうだ。一方、若手や女性の落語家や噺家も増えてきたため、特に若い年齢層の観客も増えてきた。話の内容を知らなくても、噺家と同じ空間を共有できる楽しさや演目中に起きるハプニング、ステージと観客との直接のやり取りなど、寄席でしか体験できないおもしろさが魅力だ。

1階席と2階席があるがいずれも自由席。落語の筋書きを知らなくても気軽に楽しめる 1階席と2階席があるがいずれも自由席。落語の筋書きを知らなくても気軽に楽しめる

浅草観光の合間でもふらりと立ち寄れる気軽さも魅力

また、離席が自由にできるのも寄席の魅力のひとつだ。2部制ながら入れ替え制ではないので、好きな噺家の話だけを聴くもいいし、たとえば昼の部を通して話を聴いてもいい。1演目が約15分なので、演者交代の合間に離席することもできる。館内には売店もあり、スナック菓子やパン、飲み物なども販売しているので、離席中に買って、食べながら、飲みながら、話を聴けるという自由度もかなり高い。浅草観光のひとつとして寄席を楽しむのもまた一興だ。

手ぬぐいなどのグッズや演芸関連の書籍なども販売、寄席の記念になるものも購入できる 手ぬぐいなどのグッズや演芸関連の書籍なども販売、寄席の記念になるものも購入できる

スポット詳細

住所
東京都台東区浅草1-43-12
エリア
浅草エリア
電話番号
0338416545
時間
[昼の部]11:40-16:30
[夜の部]16:40-21:00
※特別興行は除く
休業日
無休
料金
[チケット料]大人3,000円、学生2,500円、小人1,500円
※特別興行は除く
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可(入口外に喫煙スペースあり)
平均予算
【昼】3,001-5,000円
【夜】1,001-3,000円
備考: 夜割あり
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
可(車椅子対応トイレあり)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 久しぶりの寄席
    4.0 投稿日:2021.02.23
    久しぶりに寄席に出かける。今回は贔屓の桂宮治さんが師匠になった就任公演ともあって朝9時につくが、何と席は完売。前売りを持っていたので、立ち見で見ることに、2階席の階段に座り、寄席の数時間を見ることに、演者は全ておもしろく、口上も堅苦しくなく、お笑いありの素晴らしい口上でした。
  • 演芸の街、浅草で笑福招運
    4.0 投稿日:2020.03.23
    江戸時代から庶民に親しまれた大衆演芸、落語とコント、奇術(マジック)が楽しめる殿堂、浅草演芸ホール。11:00〜チケットを販売するので(当日券をチケット受付にて購入)そちらをめどに並びましょう。もちろん途中でも入れます。観光の合間に2時間程度楽しんでも、1日いてもよし。落語には落語ならではのルールがあるのですが、演者(落語家)が話している最中の席の移動、または席に着くのは、話の妨げ、周りの方...
  • 浅草演芸ホール
    3.0 投稿日:2020.02.22
    浅草寺から徒歩で程近い演芸場で、そばにはディープな飲み屋さんが多く夜も賑わっています。朝11時くらいから入場して終演まで一日中でもいられるそうですが(途中で退場は出来ません)私は夜7時からの夜割料金(私が訪れた時は1700円でしたが現在は2000円)で入りました。切符の購入はきっかり7時からですので、その辺をうろうろして時間を潰しました。平日の夜だったゆえお客さんはあまりいず、前から三列目の真ん...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          浅草エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました