台東区立下町風俗資料館

資料/郷土/展示/文学館

大正時代の下町の街並みと暮らしがわかる資料館

江戸の風情が残る大正時代の東京の下町を再現。明治から昭和初期に実際に使われていた生活道具や玩具も展示されており、古き良き時代の暮らしを体験できる。台東区内の銭湯で使われていた番台をそのまま移築した展示も人気だ。

関東大震災前の下町の商家は、江戸時代から続く「出桁(だしげた)造り」が特徴 関東大震災前の下町の商家は、江戸時代から続く「出桁(だしげた)造り」が特徴

古き良き大正時代にタイムスリップ

上野恩賜公園の不忍池のほとりにある建物は、失われつつある大正時代の東京・下町の文化と伝統とともに、台東区の歴史を後世に伝えるために設立された資料館。上野、浅草を中心とした当時の下町は、江戸時代の風情が残る古き良き時代の雰囲気が残っていたという。1階の展示フロアでは、その町並みと商店や生活空間を再現。展示物の多くは実際に使われていたもので、大正時代にタイムスリップした気分を味わえる。店先に人力車と大八車が置かれているのは、花緒の製造卸問屋。表通りに面したこのような大店(おおだな)のことを、表店(おもてだな)とも呼ぶ。「出桁造り」と呼ばれる伝統的な商家建築で、店内をのぞくと作業場と帳場があり、今にも店の奥から番頭さんが出てきそうな錯覚に陥る。

大八車と、奥の赤い建物は電話ボックス 大八車と、奥の赤い建物は電話ボックス

入り組んだ路地を訪ね長屋の住人気分に浸る

表店に対し、狭い路地に囲まれた裏店(うらだな)とも呼ばれた長屋は、駄菓子屋を営む母子と銅壺(どうこ)屋の職人一家が暮らしていた家。銅壺とは、銅板で作った湯を沸かす道具のことだ。室内の調度品や生活道具は、すべて実際に使われていたものだという。ちゃぶ台、タンス、台所用品のほか、長方形の長火鉢も置かれている。長火鉢の板は、取り外して湯飲みなどを運ぶときのお盆代わりになり、猫が乗って温まることから、「猫板」という名がついたのだとか。長屋の社交場だった井戸端に置かれているのが、たらいと洗濯板。もともと西洋からもたらされたもので、日本では大正の中頃から一般に普及したという。ここにいると、おしゃべりなおかみさんたちの様子が目に浮かぶようだ。

実際に長屋で使われていた生活道具が並ぶ 実際に長屋で使われていた生活道具が並ぶ

銭湯の番台体験が人気

2階には、台東区を中心とした下町地域にゆかりの生活道具や玩具、年中行事に関連するものなどの資料を展示している。いちばんの人気は、台東区内の銭湯から移築した番台。実際に番台に上がって座ることもできる(コロナ感染防止のため現在は休止)。最近の銭湯はフロントがありその先で男女別の更衣室に分かれるが、当時は男湯と女湯を同時に見渡せる造りになっていた。懐かしさに浸る人、物珍しさに興味津々の人、その反応は年代によりさまざまだ。

1950年(昭和25)-1986年(昭和61)まで営業していた銭湯の番台 1950年(昭和25)-1986年(昭和61)まで営業していた銭湯の番台

白黒テレビが登場した昭和30年代の生活空間 白黒テレビが登場した昭和30年代の生活空間

昭和30年代の家庭を再現したスペースには、真空管を使用した白黒テレビが展示されている。ほかにも、大正初期に劇場が立ち並んだ浅草六区興行通り、戦時中に胴体と足の部分が軍に供出され、現在では顔だけが祀られている「上野大仏」の全身像を写した写真絵葉書も興味深い。上野周辺の散策の前後に訪れ、過去と今の景色を見比べてみるとよりいっそう楽しめる。

大正時代の浅草六区についての展示。右の建物は「凌雲閣(通称:浅草十二階)」の復元模型 大正時代の浅草六区についての展示。右の建物は「凌雲閣(通称:浅草十二階)」の復元模型

不忍池畔にあり、2階の窓から蓮池と「不忍池辨天堂」を眺めることができる 不忍池畔にあり、2階の窓から蓮池と「不忍池辨天堂」を眺めることができる

スポット詳細

住所
東京都台東区上野公園2-1
電話番号
0338237451
時間
9:30-16:30(入館は16:00まで)
休業日
月(祝休日の場合は翌平日)、12/29-1/3、特別整理期間
料金
[入館料]大人300円、小中高生100円
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、Apple Pay、PayPay、LINE Pay、メルPAY、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(Taito_Free_Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 20世紀初頭の東京下町にフォーカスした資料館
    4.0 投稿日:2020.12.24
    上野公園の南側、不忍池のほとりにある資料館です。20世紀前半の東京の下町についての展示が主となっています。上野公園付近は観光施設も多いため、散策しつついろいろと訪問するのが良いかと思います。
  • 興味深い展示
    4.0 投稿日:2020.12.11
    こちらは上野公園の不忍池に面している資料館です。入り口で手洗い、体調をチェックされ300円を支払い入ります。この建物は1階、2階が展示室となっていました。1階は大正時代の下町の街並みが再現されており当時の暮らしぶりがわかります。2階は下町の文化がわかる資料や時代の移り変わりについての展示が興味深かったです。
  • いまはなきにほん
    5.0 投稿日:2020.02.24
    そんなに大きい規模の資料館ではありませんが、見て、触れて、懐かしい気持ちになりました。あっという間に見てるまわれますが、人も多くなく、のんびり見ることができました。子供も喜んでいたし、オススメです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          上野・谷根千エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました