NAVITIME Travel

国立科学博物館

博物館/科学館

明治10年(1877)に設立された日本最大級の総合科学博物館。常設展は、地球の生命史や人類・科学技術のあゆみをテーマとする「地球館」、日本の自然や日本人の歴史をテーマとした「日本館」、360度に映像が映し出される「シアター36○」がある。企画展・特別展は年に数回行われており、休日は行列ができるほど多くの人が来館する人気スポット。

place

東京都台東区上野公園7-20 (上野・浅草・両国エリア)

phone 0357778600

国立科学博物館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/06 ミイラ展 見応えあり!!
平日の9時台に訪問。修学旅行生の団体が来ていたが、空いていた。当日券も並ばず買えた。
エジプトミイラはテレビでも観たが、南北アメリカインカ帝国時代の麻の布に何重にも包まれたミイラは初めて見た。熱帯雨林でもミイラができる。インカ帝国時代の埋葬方なのか…

エジプトの猫のミイラ、鳥などのミイラもあった。エジプトのミイラ士によるミイラズ作りも案内があり、70日かかるという。心臓だけは残すそうだ。
そして...
投稿日:2019/11/24 ミイラ展が開かれていました
23日訪問。最初道路を挟んで向かいに有る国立博物館を目指しましたが、寒さと雨の中多くの人が並んでいるチケット売り場を見て断念。上野駅に戻る途中になんとなく入れそうな場所がここ国立科学博物館でした。現在は日本や世界のミイラが展示されています。他にも恐竜や宇宙科学などが見られるところ、勉強には良いですね。
投稿日:2019/11/22 本気で見たら三日は欲しい
今も昔も、国立科学博物館のシンボルはシロナガスクジラの模型。子供の頃から大好きなオブジェだ。あの頃は鯨はすべてシロナガスクジラだと思っていたかも。昔は小学生無料だった覚えがある。当時としては珍しいコンピューターゲームが遊べたのでしょっちゅう遊びに来ていた。2019年のミイラ展で四十年振りくらいに訪れた。ミイラ展はもちろん興味深かったが、常設展にしてもざっと眺めただけだが、太鼓の地球から現代の科学ま...

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都台東区上野公園7-20 [ 地図 ]
エリア
上野・浅草・両国エリア
電話番号
0357778600
時間
[通常]9:00-17:00
[金土]9:00-20:00
入館は閉館の30分前まで
休業日
月(祝・休日の場合は火)、12/28-1/1
くん蒸期間(6月下旬頃)
※特別展開催中は変更になる場合あり
料金
[入館料]一般・大学生630円、65歳以上・高校生以下無料
特別展は別途料金
クレジットカード
可(Visa、Master、JCB、ディスカバー、ダイナーズクラブ、アメリカンエキスプレス)
備考
[ハローダイヤル]03-5777-8600

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          東京の写真集