代々木公園

公園/緑地

野鳥の飛び交う都心の巨大公園

1964年(昭和39)の東京オリンピックの際にオリンピック選手村として活用された地は、現在公園として整備され多くの人々に癒やしを与えている。アクセス良好の公園の魅力を一気見してみよう。

JR山手線原宿駅から徒歩ですぐという好立地 JR山手線原宿駅から徒歩ですぐという好立地

東京ドーム11個分の広さを誇る

JR山手線原宿駅から徒歩3分、東京メトロ千代田線代々木公園から徒歩3分という立地にある大きな公園。東京ドーム11個分という広大な敷地面積を誇るため東京メトロ千代田線、副都心線明治神宮前、小田急線代々木八幡からも徒歩圏にあり、季節を問わず多くの人が訪れている。公園としては東京都23区内で5番目に広く、陸上競技場やイベントステージも有している。食べ物系のイベントなどの各種催事、さらにはフリーマーケットを開催する場所としても人気だ。

池や噴水も多く、散策を楽しむのにももってこいの場所 池や噴水も多く、散策を楽しむのにももってこいの場所

かつてはオリンピックの選手村

この場所はかつて陸軍の練兵場だった。太平洋戦争後、在日米軍施設ワシントンハイツとなり、その後東京オリンピックの代々木選手村に活用され公園として整備された。1991年(平成3)には噴水や水回廊を有する水景施設ができ、さらに美しい風景も楽しめるように。54万平方メートルの広大な敷地にはたくさんの植物が植えられ、春は花見客で混雑する場所としても知られる。東京の真ん中ながら、爽やかで澄んだ空気が流れ、長年にわたり老若男女に愛されてきた。

フラワーランド横のドッグランには、多くの愛犬家が訪れる フラワーランド横のドッグランには、多くの愛犬家が訪れる

犬も大満足の広々スペース

代々木公園は人だけでなく、犬にもやさしい場所。中央広場の北側、フラワーランド横にあるドッグランなら愛犬と一緒に楽しめる。ドッグラン内は、犬の体重に合わせ10kg以上の「中・大型犬用エリア」、12kgまでの「小・中型犬用エリア」、5kgまでの「超小型犬専用エリア」と区分けされており、犬の大きさ、犬種を問わず楽しむことができるのもうれしい。
※参考 https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/pdf/yoyogidogkiyaku.pdf

都心にありながらバードウォッチングを楽しめる場所 都心にありながらバードウォッチングを楽しめる場所

野鳥が集まる公園としても有名

「代々木公園」の近くにある「明治神宮」は、都心にありながら緑豊かな市民の憩いの場。野鳥が多い場所でもあることでも知られている。入ることはできないが日本で最初に造られた「バードサンクチュアリ」があり、たくさんの野鳥が集う。公園を訪れる際はぜひ、木々にとまり羽を休める鳥たちの姿を眺めてほしい。きれいな空気を味わいながら、野鳥のさえずりに耳を傾ける。「代々木公園」はそんなすてきなリラックスタイムを送れる場所なのだ。

スポット詳細

住所
東京都渋谷区代々木神園町、神南2
電話番号
0334696081
時間
常時開園
休業日
サービスセンター及び各施設は年末年始は休業
料金
無料(一部有料施設あり)
駐車場
あり(65台)

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

ニセコイの2話に登場する公園のモデルであると言われている。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          渋谷・原宿・表参道エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました