岬の分教場

その他の名所

子どもたちが実際に使っていた教室が今も残る

二十四の瞳映画村から約700m離れた場所にある 二十四の瞳映画村から約700m離れた場所にある

小説『二十四の瞳』の舞台になった、苗羽(のうま)小学校田浦(たのうら)分校の校舎。1902年(明治35)に建てられた瓦葺平屋建ての校舎で、教室のほかに教員住宅がある。1971年(昭和46)に廃校になるまで実際に学校として使われており、1954年(昭和29)公開の高峰秀子主演映画『二十四の瞳』はここで撮影された。それをきっかけに「教育の聖地」と呼ばれるようになり、教員をはじめ全国から多くの人が訪れるようになったほか、教育や学校に関する展示なども定期的に行われている。教室内には当時の掲示物やオルガンなどもそのまま残されており、子どもたちが生きいきと学んでいたその様子が思い起こされるようだ。若い世代の人たちには、今とはまったく違う昭和初期の校舎がとても新鮮に感じられるだろう。

建物だけでなく机や椅子もすべて木製 建物だけでなく机や椅子もすべて木製

校舎の向かいには「二十四の瞳館」があり、映画の資料を展示しているほか小豆島土産も販売 校舎の向かいには「二十四の瞳館」があり、映画の資料を展示しているほか小豆島土産も販売

スポット詳細

住所
香川県小豆郡小豆島町田浦甲977-1
電話番号
0879825711
時間
9:00-17:00
休業日
無休
料金
[入館料]大人(中学生以上)]240円、小人(小学生)120円
※2022/4/1から大人350円、小人180円
駐車場
あり(20台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(屋外喫煙場所のみ)
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          小豆島エリアのおすすめスポット

          香川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました