大原美術館

美術館

印象派から国内外の近現代美術、民芸運動を主導した作家の作品、東洋美術まで名品をそろえる

地方都市倉敷に1930年(昭和5)、日本最初の西洋美術中心の私立美術館として誕生した大原美術館。戦後も日本の近代洋画を展示する分館や民藝運動を主導した作家の作品を紹介する工芸館などが加わり日本を代表する総合美術館として成長している。

大原美術館本館の外観は古代ギリシャ・ローマ神殿風 大原美術館本館の外観は古代ギリシャ・ローマ神殿風

実業家と画学生の友情から誕生した

倉敷美観地区の核となっている大原美術館は、倉敷紡績(現クラボウ)社長などを務めた実業家大原孫三郎(おおはらまごさぶろう)と洋画家児島虎次郎(こじまとらじろう)の信頼と友情から生まれた。孫三郎の支援を得て虎次郎は欧州へ渡り、「日本の芸術界のために」と、館の看板作品となるエル・グレコ『受胎告知』のほか、モネの『睡蓮』、マティスの『マティス嬢の肖像』といった作品を収集した。いずれも今では簡単には手の届かない名品ぞろい。47歳で早世した虎次郎を悼んだ孫三郎が1930年(昭和5)に収集品と虎次郎の作品を展示するために建設したのが大原美術館(本館)だ。日本初の西洋近代美術館が東京ではなく地方都市倉敷に、しかも民間の力で誕生した意義は深い。

エル・グレコの『受胎告知』は美術館の顔。本館に特別なコーナーが作られている エル・グレコの『受胎告知』は美術館の顔。本館に特別なコーナーが作られている

アリスティド・マイヨール『イル=ド=フランスのトルソ』 アリスティド・マイヨール『イル=ド=フランスのトルソ』

どの展示室も傑作ぞろい どの展示室も傑作ぞろい

もともとあった蔵を利用、改装して中庭を取り巻くように工芸館は造られていった もともとあった蔵を利用、改装して中庭を取り巻くように工芸館は造られていった

美術の大海へと導く総合美術館

戦後、孫三郎の長男で倉敷絹織(現クラレ)社長だった大原總一郎(おおはらそういちろう)は、日本の近代洋画、民芸運動に携わる作家たちの作品、欧米の前衛作品などを収集してコレクションを拡充した。その展示のため、本館を拡充したほか、敷地内に日本の近代洋画、彫刻や現代美術作品を展示する「分館」(2021年12月現在コロナ渦につき休館中)、棟方志功(むなかたしこう)ら民芸運動の作家6人にそれぞれ展示室を設けて作品展示する「工芸館」のほか、虎次郎が収集した中国やエジプトなどの古美術品を並べる「東洋館」を次々に開館し、ユニークな総合美術館へ成長した。「工芸館」と「東洋館」はともに蔵を再生したもの。「工芸館」に取り上げられた芹沢けい介(せりざわけいすけ)が内装のデザインを手がけており建物自体も作品として評価が高い。それぞれの館はコンパクトな展示だが、いずれも質の高い作品が並んでおり、館から館へ巡っていくと果てしなく広がる美術の大海へ導かれるようだ。

工芸館のなかの棟方志功室 工芸館のなかの棟方志功室

より親しんでもらえる美術館を目指す

2021年(令和3)10月、美観地区内に新しい顔である「大原美術館 新児島館(仮称)」が開館した。中国銀行から寄贈された倉敷本町出張所(市指定文化財)を改装したもの。虎次郎の作品などを展示するグランドオープンの時期は未定。暫定的に現代アーティストのヤノベケンジの大作『サン・シスター(リバース)』を展示し、期間限定のミュージアムショップを設置している。国指定重要文化財の旧大原家住宅を一部改装した「語らい座大原本邸」もあり、こうした大原美術館とゆかりのある施設と連携して、より魅力を高めていくという。

「大原美術館 新児島館(仮称)」。ヤノベケンジ作品を暫定展示 「大原美術館 新児島館(仮称)」。ヤノベケンジ作品を暫定展示

スポット詳細

住所
岡山県倉敷市中央1-1-15
電話番号
0864220005
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
※閉館時間は時期によって変更の可能性あり
休業日
月(祝を除く)、12/27-12/29、1/11-1/14
料金
2023年4月改訂の予定がございます。
詳細はHP(http://www.ohara.or.jp)をご確認ください
駐車場
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • コンパクトな整った美術館
    4.0 投稿日:2022.07.07
    元が個人のコレクター収集品を展示した美術館のため、一定の方向性や趣向があるので、興味のベクトルが合えば非常に楽しいと思う。また、広大ではないので、あまり時間がない場合でも見て回ることができるのは便利かも知れません。
  • 必見
    5.0 投稿日:2022.06.24
    短い時間でしたが必見の価値あり。美観地区に入りすぐ右手に有ります。美観地区に行かれる場合は必ず見学された方が良いと思います。
  • 西洋美術館としても素晴らしいですが、東洋美術もいいですね
    5.0 投稿日:2021.11.19
    日本美術の民芸たちが迎えてくれます、古い家屋と肌のぬくもり、そこに名作が待っていてくれます。心が癒されます。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          倉敷美観地区エリアのおすすめスポット

          岡山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました