さっぽろテレビ塔

展望塔/タワー

市内を一望できる札幌のランドマーク的存在

札幌の中心部を東西に延びるグリーンベルト・大通公園。そのいちばん東側、創成川沿いにそびえ立つのが、さっぽろテレビ塔だ。札幌市内を一望できる展望台からの360度の眺めは見ごたえがある。

札幌市役所側から見たテレビ塔 札幌市役所側から見たテレビ塔

地下からも地上からもアクセス可

地下鉄大通駅の東西線・南北線の改札からは、地下街のオーロラタウンを抜ければ徒歩で約5分、東豊線からは約1分で到着する。27番出口が目印だ。JR札幌駅南口から地上を歩いてくると、15分ほどで青空を突き抜けるように立つ高さ147.2mの赤い塔が見えてくる。緑色の展望台は地上から90.38mにあり、60mのところには電光時計がある。この電光時計は1961年(昭和36)に設置され、そのスケールは日本一といわれている。また、テレビ塔は夜になると全体がライトアップされるほか、季節によってスペシャルイルミネーションで飾られるときもある。

地下街から上がるときはここから 地下街から上がるときはここから

非公式の人気キャラ・テレビ父さん

テレビ塔が完成したのは1956年(昭和31)で、オープンは翌年の8月24日。その日が誕生日とプロフィールに記されているのが、非公式キャラクター「テレビ父さん」だ。非公式といいつつも、テレビ塔のいたるところに描かれているテレビ父さんは、真っ赤なボディと緑の腹巻、そしてほのぼのとした顔が印象的。父さんだけに、母さんや子どもたち、じいちゃん、ばあちゃんと、きちんと家族もいる設定だ。2002年(平成14)にデビューして以来、さまざまなグッズが発売されるなど人気を博している。

1階の外でテレビ父さんがお出迎え 1階の外でテレビ父さんがお出迎え

展望台から札幌の街を一望

展望台へ行くには、1階からエレベーターに乗り、3階のスカイラウンジでチケットを購入、展望台行きのエレベーターに乗り換える。展望台からは360度札幌市内を見渡せ、その眺めは爽快だ。札幌の街を写真で撮る際によく使われるアングルが、西側から見た眺め。大通公園を真正面から見下ろすことができ、その先には大倉山ジャンプ競技場も見える。テレビ塔は、春夏秋冬、訪れる季節や時間帯が異なると、違った札幌の表情を楽しむことができるのも魅力。もし、高いところが平気ならば、南東部分にある「怖窓(こわそ~)」から外を眺めてほしい。足元から天井までが一枚ガラスになっており、さらに外側に傾いているため、スリル感をたっぷり味わえる。

展望台の西側からの眺め 展望台の西側からの眺め

ひと休みしたら、テレビ塔東側の散策を

眺望を堪能したら、3階の「テレビ父さんのほほんパーク」でひと休み。父さんのオブジェやトリックアートなど、記念撮影にぴったりな場所も用意されている。テレビ塔のあとは、大通公園でくつろぐのもひとつだが、テレビ塔を出てすぐ、東側の創成川沿いの散策もおすすめ。7分ほど南に歩くと有名な二条市場があり、そのすぐそばには狸小路の1丁目のアーケードも。創成川沿いは創成川公園として整備され、彫刻などのアート作品も設置。川のせせらぎを聞きながら、緑やアートに触れながら歩くのも楽しい。

のほほんパークにあるテレビ父さんの特別住民票 のほほんパークにあるテレビ父さんの特別住民票

テレビ塔の東側にある創成川公園 テレビ塔の東側にある創成川公園

スポット詳細

住所
北海道札幌市中央区大通西1
電話番号
0112411131
時間
9:00-22:00
休業日
不定休
料金
[入場料]大人800円、小人(小中学生)400円
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、銀聯)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、LINE Pay、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店

情報提供: ナビタイムジャパン

チケット情報

更新日:2022.12.10

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • さっぽろテレビ塔
    4.0 投稿日:2022.07.12
    駅からタクシー移動で初めてさっぽろテレビ塔を見た。テレビで見たテレビ塔が目の前に・・・感動です。思ったより人はいず、すんなりと展望台に。眺めは良かったです。周りの高層階が無ければ尚良ですが。
  • 初めて、札幌観光する方は最初にテレビ塔を上ってください。札幌の街並みと地形が分かります!
    4.0 投稿日:2022.07.09
    初めて、札幌観光する方は最初にテレビ塔を上ってください。札幌の街並みと地形が分かります。北海道札幌市中央区大通西1丁目の大通公園内にある電波塔である。札幌市の中央にあり、総工費1億7000万円で1957年(昭和32年)に完成し、同年8月24日に開業・電波の発射を開始した。高さ147.2メートル。設計者は内藤多仲。鉄塔部分の色は、完成当初は銀色だったが、煤煙汚れが目立ち、また冬季の視認性の問題が...
  • 朝も昼も夜も訪問
    4.0 投稿日:2022.07.03
    朝も昼も夜も訪問しました。高さ147.2mの札幌のシンボルです。ここを目印に歩いて行こうと思ったのに、周りの建物が高すぎて、埋もれてしまい分からず。夜は地上90mの展望室に登り、札幌の夜景を眺めました。レトロな建物ですが、東西南北どちらの方角も、オレンジ色の夜景を眺めることができます。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          札幌中心部(札幌駅周辺~大通り)エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました