スパリゾートハワイアンズ

プール

フラガールたちが情熱的に舞う常夏の温泉パラダイス

浜通りを代表する観光名所。湧出量の豊富な温泉を毎分3.5tも使ったテーマパークで、日本一のボディスライダーもあれば江戸情緒満点の大露天風呂もあり、世代を問わず楽しめる。フラガールショーの質の高さは有名。

フラガールショーは1日2-3回開演。時間は頻繁に変更になるので事前に公式サイトでチェックしておきたい フラガールショーは1日2-3回開演。時間は頻繁に変更になるので事前に公式サイトでチェックしておきたい

迷子になりそうなほど広い!

いわき湯本温泉のはずれにある巨大な温泉パークで、さまざまなプールやスライダーがある全天候型ドーム「ウォーターパーク」が施設の中心。その周囲を屋内外で水着で楽しむ温泉や裸で入る温泉、大露天風呂や2つの直営ホテルが取り囲んでいて壮観だ。とにかく敷地が広く、入り組んでいるので、まずは地図をもらってどこでどんな風に過ごすか、おおまかな予定を立てたほうがいい。日帰り客の入場口は2階。更衣室・ロッカーはもちろん、タオルレンタル、浮き輪レンタル、浮き輪空気入れ・空気抜き、水着脱水機などが備えられている。用意が整ったら早速「ウォーターパーク」へ入ろう。

「ウォーターパーク」の大プールもすべて温泉。なんというぜいたく! 「ウォーターパーク」の大プールもすべて温泉。なんというぜいたく!

時間になったらポリネシアンショーのシアターへ

1年中熱帯の温度が保たれている「ウォーターパーク」には、大プール、ウォータースライダー3種5コース、流れるプールの中央に1000匹以上の熱帯魚が泳ぐ「流れるアクアリウムプール フィッシュゴーランド」、小さな子ども向けプール「ワイワイオハナ」などが配されている。時間になるとアナウンスがあるのでビーチシアターへ集合。ポリネシアンショーは、フラガールによるハワイのフラ、タヒチ、マオリなどの南国のダンスと男性ダンサーによるサモアのファイヤーナイフダンスで構成されている。愛を語る指先、激しいヒップシェイクなどさすがのレベルで、このショーを目当てに遠くから訪れる人が多いのも納得だ。

優雅に、ときに激しく、ときにコミカルに舞う。炎が燃え盛るバトンを使ったファイヤーナイフの演舞も迫力満点 優雅に、ときに激しく、ときにコミカルに舞う。炎が燃え盛るバトンを使ったファイヤーナイフの演舞も迫力満点

ステージ近くでじっくり観るなら有料席を予約しよう。混雑時には公式サイトからの事前予約がおすすめ ステージ近くでじっくり観るなら有料席を予約しよう。混雑時には公式サイトからの事前予約がおすすめ

炭鉱から始まった「日本のハワイ」

遊び疲れたら「ウォーターパーク」の2階にあるフラ・ミュージアムをのぞいてみよう。フラと花の首飾りレイについての展示とともに、ハワイアンズの歴史についても知ることができる。かつてこの地には本州最大の炭鉱があったが、石油時代の到来で一気に衰退。経営危機に直面した炭鉱会社が探し出した新たな道が、温泉のテーマパークだ。それまで炭鉱の坑内には大量の温泉が湧出し、多額の費用をかけて排水処理していた。その厄介者を逆に活用して1966年(昭和41)に「常磐ハワイアンセンター」が誕生。これがスパリゾートハワイアンズの前身だ。熱帯植物の育成には温泉の地熱を利用し、約600人の従業員全員が炭鉱の元工夫だったという。

「常磐ハワイアンセンター」の誕生を描いた映画『フラガール』や、震災後の全国きずなキャラバンのコーナーもある 「常磐ハワイアンセンター」の誕生を描いた映画『フラガール』や、震災後の全国きずなキャラバンのコーナーもある

南欧風も和風もあるスパエリア

標識をたどってスパエリアへ行ってみよう。3階の「スプリングパーク」は南欧風プール。両隣には裸で入る「温泉大浴場パレス」もあり、12種24浴槽がそろっている。天気のいい日には4階の屋外にあるアートな空間「スパガーデン パレオ」へ。「ビッグアロハ」は長さ283m、高低差40.5mでどちらも日本一のボディスライダーだ。夜にぜひおすすめしたいのが、ガラリと雰囲気の異なる「江戸情話 与市」。裸で入る巨大な露天風呂で、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気。夜風に吹かれながら幻想的なライトアップと硫黄泉に癒やされていたら突然、プロジェクションマッピングが始まった。なかなか凝った演出なのでお楽しみに。

屋外の「スパガーデン パレオ」。赤・青・黄・緑のゾーンに高温、冷水、バブル、寝湯、歩行浴などが並ぶ 屋外の「スパガーデン パレオ」。赤・青・黄・緑のゾーンに高温、冷水、バブル、寝湯、歩行浴などが並ぶ

ビルの10階に相当する「ビッグアロハ」。スライダーは2コースある ビルの10階に相当する「ビッグアロハ」。スライダーは2コースある

スポット詳細

住所
福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
電話番号
0570550550
時間
10:00-21:30
※時期により変動あり
休業日
無休
※メンテナンスあり/要問合せ
料金
【入場料】
[大人]3,570円
[小学生]2,250円
[幼児]1,640円
駐車場
あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、au WALLET)
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 施設間の移動が距離と階の上り下りがあって子連れには大変
    3.0 投稿日:2022.06.25
    施設間の移動はプールサイドを除きはビーチサンダルで移動するのが便利とのことだが、人によって自前の靴で歩いていたり裸足だったりして混在している。外履きの靴で歩くのは汚いので外履きの靴はやめてもらいたいと思った。更衣室はプールで遊んで温泉に入って出るなら温泉施設の更衣室を使ったほうがいい。プールの更衣室を使ってしまうと、プールに入り終わって温泉に入って帰ろうとすると一度プールに戻り荷物を出して温泉に...
  • スライダーが、調楽しいです!!
    4.0 投稿日:2022.06.12
    スライダーが、超楽しいです!!二日間、開けても暮れてもスライダー三昧ですた。案外と昔ながらののスライダーの方がスピード感が、あって楽しかったです!!
  • 昔ながらのプル
    2.0 投稿日:2022.03.23
    昔ながらのプールでした。ゴミゴミしていてあまりお勧めではないかも?ハワイアンダンスは素敵でした。プールは少し老朽化目立ちました。。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          いわきエリアのおすすめスポット

          福島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました