関連する記事

関連する観光コース

- 秋田 PHOTO ALBUM -

banner_photo

秋田市立赤れんが郷土館

重文指定の旧秋田銀行本店で郷土資料を展示

秋田県秋田市大町にある郷土史料館で、明治45年(1912)に建築された旧秋田銀行本店本館「赤れんが館」を含む3棟で構成されている。国の重要文化財に指定されている赤れんが館では、秋田市の伝統工芸品などを展示。華麗な吹き抜けのホールでは毎年恒例のコンサートも開催される。新館には秋田出身の版画家・勝平得之の記念室や人間国宝の鍛金家・関谷四郎の記念室があり、秋田の歴史や民俗・美術に関する企画展も行われる。

place

秋田県秋田市大町3-3-21 (秋田エリア)

phone 0188646851

秋田市立赤れんが郷土館 赤れんが館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/06/04 赤れんが郷土館
秋田市内は見処が多いとは言えないが、秋田市内の観光を彩る観光地の筆頭となるのがこの赤レンガ郷土館だろう。元々銀行として建設された建物たが、今は博物館となっている。戦前の建物らしく建物はとてもレトロで当時の雰囲気がよく残されている。
投稿日:2021/03/19 豪華な旧秋田銀行本店の建築を楽しむ
国の重要文化財に指定されている明治45年築の旧秋田銀行本店。旧書庫で秋田の伝統工芸品の展示や、併設の勝平得之記念館での企画展も開催。4月18日まで開催中の「郷土玩具と人形展」展が規模は小さいながらも良かったです。館内の建物は撮影可能。
投稿日:2021/01/12 バロック様式の室内も魅力!
くるりん周遊パスを利用して秋田赤れんが郷土史館を訪ねた赤と白のコントラストが美しいといわれる煉瓦造りの建物外観を見たかったが、外壁補修工事中。かなり残念でしたが、旧秋田銀行本店として明治45年に完成した重文指定建造物だけあって、内部もなかなか見応えありました。正面入口を入ると、2階まで吹き抜けになっている営業フロア。カウンターが銀行らしい表情を見せる。天井の豪華なシャンデリアやバロック様式の室内は...

おすすめ記事

詳細情報

住所
秋田県秋田市大町3-3-21 [地図]
エリア
秋田エリア
電話番号
0188646851
時間
9:30-16:30
休業日
12/29-1/3、不定休(展示替え時臨時休館)
料金
[入館料]一般210円、高校生以下無料
駐車場
あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          秋田 の主要エリア

          around-area-map

          「なまはげ」で有名な秋田県は、日本海に面する豊富な山海の幸が魅力です。 県内には秋田空港があり、羽田空港、中部国際空港、伊丹空港からも直行便が出ていて、飛行機でのアクセスが便利です。東京からは1時間5分で到着します。 北には青森から連なっている雄大な山々を有する「白神山地」、県南には県内で最初の国の名勝に指定された「旧池田氏庭園」、国の天然記念物で奥の細道最北の地「象潟(きさかた)」があります。春には川に沿って桜が咲き誇る「檜木内川堤サクラ」も人気があります。県内の中央では、重要文化財「秋田市立赤れんが郷土館」や、毎年8月3日~6日の間には「秋田竿燈まつり」が楽しめます。 また、秋田に行ったら食しておきたいのが、郷土料理きりたんぽ鍋です。他にも魚のはたはたが有名で、鍋に入れて食べるしょっつる鍋や塩焼き、唐揚げなど、さまざまな方法でおいしくいただけます。