関連する記事

関連する観光コース

- 福島 PHOTO ALBUM -

banner_photo

天保5年(1834)に味噌の製造販売店として創業した郷土料理の店。串に刺したこんにゃくや丸餅、野菜などに味付けした赤みそのタレをつけ、囲炉裏の炭火で香ばしく焼き上げた会津みそ田楽が名物。どこかホッとする素朴な味わいで、観光客に人気がある。店内には物販コーナーもあり、味噌をはじめとする満田屋の商品が並ぶ。手搾りのゴマ油や会津特産の高田梅などの土産物が豊富。最寄は七日町駅。

place

福島県会津若松市大町1-1-25 (会津・喜多方・磐梯・猪苗代エリア)

phone 0242271345

満田屋の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/20 おいしい地酒と田楽
色々な味噌で素材に合わせた炭火焼きの田楽屋さんです。地酒を呑みながら、目の前で炭火で焼かれるのを眺めながら、は最高です。絶品です。味噌はお願いすると、組み合わせを変えてくれます。
年始にフラリとひとり旅だったので、すぐに入ることができました。時間帯によっては行列ができるとのこと。お土産に味噌も買って帰りました!
投稿日:2020/02/10 囲炉裏で味噌田楽!\
囲炉裏で味噌田楽!
人気のお店とのことだったので開店と同時に入ろうと思い少し前にお店に到着したところ、入口にある売店の方はすでにやっているとのことで寒さを避けお土産を見ながら待つことができました。
田楽は単品もありますが、ぜひともコースで注文することをお勧めします!全6種、甘味噌、柚子味噌、山椒味噌それぞれ素材に適した味噌田楽を楽しめます。
味噌を塗られ炭火で炙られた田楽は焦げがなんとも香ばしく...
投稿日:2019/12/11 老舗味噌屋さんの、みそ田楽
会津観光をした後お茶をしようと初訪問
レトロな雰囲気のお店に入ると
お味噌や味噌漬けなどが販売されていて
その奥に田楽を頂けるスペースがありました

囲炉裏の見えるカウンター特等席に座り
注文したのは

『みそ田楽コース』×3 ¥4200
○こんにゃく (田楽味噌、柚子味噌)
○豆腐生揚 (山椒味噌)
○おもち (田楽味噌)
○身欠にしん (山椒味噌)
○さといも (柚子味噌)
○しんごろう、米潰...

おすすめ記事

詳細情報

住所
福島県会津若松市大町1-1-25 [地図]
エリア
会津・喜多方・磐梯・猪苗代エリア
電話番号
0242271345
時間
10:30-16:30(L.O.16:20)
休業日
[1-3月]水
[4-12月]第1・2・3水
大晦日・元旦、祝日の場合は営業
※上記以外に2・9月の初旬に振替休日あり
駐車場
あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(PayPay)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
ベジタリアンセレクション
あり
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          福島 の主要エリア

          around-area-map

          キャッチコピーの「うつくしま、ふくしま。」で知られる福島県は、会津若松、磐梯山、猪苗代湖などの自然豊かな土地です。東京からは近く、東北新幹線で郡山駅まで1時間20分でアクセスできます。県内には福島空港があり、大阪からは直行便も出ています。 福島県は、越後山脈と奥羽山脈が南北方向に伸びており県を3地域に分断しています。3地域は、日本海側で雪の多い「会津」(会津・喜多方・磐梯・猪苗代)、郡山や福島・二本松、白河、南会津を抱える、交通の便が発達した「中通り」、太平洋に面し海産物が豊富な「浜通り」(いわき・小名浜・相馬)とそれぞれ呼ばれ、気候、地形、交通、歴史に違いがあります。 県内で有名な観光地は、重要伝統的建造物群保存地区に指定された会津の「大内宿」や、国宝に指定されている浜通りの「白水阿弥陀堂」などがあります。 また、中通りには鍾乳石のある洞窟「あぶくま洞」や、頂上からの絶景が素晴らしい「安達太良山」などもあり自然も見どころがたくさんです。 郷土料理には、あんこうを使ったあんこう鍋やあんこうどぶ汁、長ネギを箸の代わりにしてネギをかじりながらが食べる高遠そばが有名です。