NAVITIME Travel

史跡佐渡奉行所跡

その他の史跡/建造物

江戸時代初期、慶長8年(1603)に建てられた佐渡奉行所の跡。佐渡金山を管理する目的で作られた奉行所で、焼失と再建をくり返し、明治時代には役所や学校としても使われてきたが、1942年の火事で全焼。その後、1994年に再度国の史跡に指定されたことで、2000年に一部が復元された。

place

新潟県佐渡市相川広間町1-1 (佐渡エリア)

phone 0259742201

佐渡奉行所の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/12/02 天領佐渡の中心地
佐渡は江戸時代、幕府が直轄した地として天領(天下の領土)と呼ばれました。ここはその当時の隆盛を意識できる復元された建物です。
広い武家屋敷の中を自由に歩くことが出来ます。ガイドの方がいて、中にある道具の説明などをしてくれます。
また、併設された、当時金を作っていた作業場は各作業工程のツールが復元され、金の獲得がどれほどたいへんな作業だったのかわかります。
歴史を学ぶことが出来るだけではなく、実際に...
投稿日:2018/10/27 建物は復元
建物は復元ですが、金貨を製造できる国内唯一の奉行所だったそうです。
勝場(せりば)では、江戸時代の選鉱の行程を体験することができます。
奉行所自体は、展示物も少なく、あまり見どころがなかったように思いました。
投稿日:2018/10/14 佐渡金山の遺構の一つ
江戸時代に佐渡に金山があることから幕府直轄地となり、それを統治する為に奉行所が建てられました。火災で何回も消失し、今建っているのは、発掘された土台の上に再建されたものです。ボランティアの方が詳しく解説してくれます。

おすすめ記事

詳細情報

住所
新潟県佐渡市相川広間町1-1 [ 地図 ]
エリア
佐渡エリア
電話番号
0259742201
時間
8:30-17:00(最終入館16:30)
休業日
12/29-1/3
料金
大人500円、小中学生200円
駐車場
あり 10台
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          新潟 の主要エリア

          around-area-map

          北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

          関連する記事

          関連する観光コース

          新潟の写真集