五稜郭タワー

展望塔/タワー

五稜郭の星形を眺め、歴史も学べる充実のスポット

五稜郭タワーは、ただ五稜郭の星形を確認できるだけではない。五稜郭にまつわる歴史を学べ、限定メニューや老舗レストランの味も楽しめる充実のスポットだ。五稜郭公園を訪れるなら合わせて立ち寄ろう。

五稜郭公園から見上げた「五稜郭タワー」。白い塔は函館のどこからでも確認できる 五稜郭公園から見上げた「五稜郭タワー」。白い塔は函館のどこからでも確認できる

五稜郭の「星形」の全景を眺めるならここ

「五稜郭の星形を見てみたい」。そう思ったら、五稜郭公園に隣接する五稜郭タワーを目指そう。トップの避雷針までの高さは107m。展望室は90mと86mの2階建てになっており、どちらからでも五稜郭の全景を見ることができる。展望室からは函館山や津軽海峡も望める。五稜郭は公園のため、見どころがわかりにくい。そのため、まずはタワーに立ち寄り、五稜郭のことを知ってから公園へ向かうのがオススメだ。エレベーターに乗れば、わずか30秒で展望室に到着する。

エレベーターを降りると、360度ガラス張りの展望室に到着。パッと視界が開ける エレベーターを降りると、360度ガラス張りの展望室に到着。パッと視界が開ける

竣工当時の五稜郭を250分の1のスケールで再現した「五稜郭復元模型」。眼下の五稜郭と比べてみよう 竣工当時の五稜郭を250分の1のスケールで再現した「五稜郭復元模型」。眼下の五稜郭と比べてみよう

眺望だけじゃない。展望室の楽しみ方は?

現在の五稜郭タワーは2代目。最初のタワーは五稜郭築城100年を記念して、1964年(昭和39)に建てられた。初代タワーの高さは60m、展望室は45mだった。2006年(平成18)に完成した現在の2代目タワーは、徹底的に五稜郭のモチーフにこだわり、展望室は五角形、その展望室を支える塔も星形をしている。ついつい五稜郭を見ることに気を取られてしまうが、タワーそのものもしっかりと鑑賞しよう。エレベーターは展望室の2階に到着し、階段を下りて1階から地上へと降りるのが順路だ。2階展望室は、「五稜郭歴史回廊」と称し、パネルやミニチュアで五稜郭建造のきっかけとなったペリーの来航から、戊辰戦争の最終局面となった箱館戦争終結までを紹介している。

透明な柱の中に歴史の一場面がミニチュアで再現された「メモリアルポール」は、わかりやすいうえにかわいらしい 透明な柱の中に歴史の一場面がミニチュアで再現された「メモリアルポール」は、わかりやすいうえにかわいらしい

土方歳三のブロンズ像。必ず逆光になるため、プロでも撮影が難しいポイントだとか 土方歳三のブロンズ像。必ず逆光になるため、プロでも撮影が難しいポイントだとか

ここでしか買えないお土産や限定メニューも

1階の展望室には、一部の床が強化ガラスになった「シースルーフロア」がある。また、展望室へ上がった人しか購入できない限定お土産の販売も。カフェでは、新撰組の法被のカラーをイメージした「新選組ソフトクリーム」(330円)や「新選組サイダー」(151円)を味わえる。展望室から降りた地上フロアには、函館を代表する老舗洋食レストラン「五島軒」や、河童画で有名な函館出身の芸術家・植木蒼悦(うえきそうえつ)氏のギャラリーがある。ギャラリー鑑賞は無料だ。

五稜郭を見ながら、新選組サイダーで乾杯! 五稜郭を見ながら、新選組サイダーで乾杯!

冬のイルミネーションはここから鑑賞を

タワー内部もかなり凝った造りになっている。エレベーターを待つ足元、ガラス張りの床下には、五稜郭建築当時(まだ「箱館」と表記されていた頃)の街並みのミニチュアが広がっていたり、展望室のブロンズ像と同じ小寺眞知子氏の手による「五稜郭に立つ 土方歳三」像が飾られていたり。うっかり五稜郭公園に行くのを忘れてしまいそうなほどの充実ぶりだ。五稜郭では例年、12~2月にかけて星形の堀の周囲を2000個の電球で飾る「五稜星の夢イルミネーション」が開催される。夜の闇に浮かび上がる地上の星を眺めに、このシーズンなら夜にも五稜郭タワーを訪れたい。

土方歳三は函館で最期を迎えた。大砲とともに立つ往年の姿に思いを馳せよう 土方歳三は函館で最期を迎えた。大砲とともに立つ往年の姿に思いを馳せよう

スポット詳細

住所
北海道函館市五稜郭町43-9
エリア
函館エリア
電話番号
0138514785
時間
[10/21-4/20]9:00-18:00
[4/21-10/20]8:00-19:00
[五稜星の夢期間中(冬期)]9:00-19:00
休業日
年中無休
料金
【入場料】
[大人]900円
[中高校生]680円
[小学生]450円
駐車場
なし(近隣の有料観光駐車場をご利用ください)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy)
Wi-Fi
あり(HAKODATE FREE Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※新型コロナウイルス拡散防止のため、当面の間短縮営業
9:00-18:00

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          函館エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました