サッポロファクトリー

複合施設/商業施設

レンガ造りのビール工場跡に立つ商業施設。アトリウムなどくつろげる場所も

札幌の中心部である大通から創成(そうせい)川を挟んで東側を「創成イースト」と呼ぶ。再開発が進み、新旧さまざまな個性ある店舗が並ぶエリアだ。その一角にあるのが、複合商業施設「サッポロファクトリー」である。

サッポロファクトリーのシンボルでもある全天候型のアトリウム サッポロファクトリーのシンボルでもある全天候型のアトリウム

明治時代に日本人初のビール工場が建てられた場所

地下鉄東西線バスセンター前駅8番出口から徒歩3分で「サッポロファクトリー」のフロンティア館に着く。バスセンター前駅の出口は東西に長く延びたコンコースに沿って造られているため、異なる出口から出ると結構な距離を歩く場合もあるので注意を。「サッポロファクトリー」は、1993年(平成5)4月に開業。現在は全7棟の中に150ほどのショップやレストランなどが入っている。「フロンティア館」にはスーパーやドラッグストア、「1条館」にシネコンやペットショップ、「2条館」にアウトドア&スポーツブランドのショップ、「3条館」にはライフスタイルを提案するショップが入っており、市民の生活に密着した複合施設だ。ここは、1876年(明治9)に創業した官営工場「札幌開拓使麦酒醸造所」をルーツとするサッポロビール工場があった場所で、「サッポロファクトリー」という名前もこれに由来している。

国道12号線沿いに立つ「フロンティア館」。その右うしろに見えるのが「1条館」 国道12号線沿いに立つ「フロンティア館」。その右うしろに見えるのが「1条館」

思わずカメラを向けたくなる、趣のある「レンガ館」の建物

「レンガ館」には、大正時代に建てられた大きな煙突と重厚な赤レンガの建物が、今もなお大切に保存・活用されており、日本の近代化の歴史が刻まれた貴重な建造物を身近に感じられる。煙突広場にある「札幌開拓使麦酒醸造所」では、今も仕込み釜を使ってビールを製造しており、明治時代のビールの味を再現。醸造所内は見学もでき、ビール造りの工程やサッポロビールの歴史などが紹介されている。また、北2条通りからはツタに覆われた「レンガ館」の外観を見ることができ、夏は緑、秋は赤と、風情のある美しい姿を披露。レンガ館にはビヤホールなどがあったが、2022年(令和4)現在、耐震のための補修工事が行われており、残念ながら建物の中に入ることができない(札幌開拓使麦酒醸造所を除く)。工事は2023年(令和5)の秋か冬頃まで続く予定だ。

煙突広場の様子。煙突の右隣の建物が「札幌開拓使麦酒醸造所」 煙突広場の様子。煙突の右隣の建物が「札幌開拓使麦酒醸造所」

「札幌開拓使麦酒醸造所」の中に展示されている昔のサッポロビールのポスターなど 「札幌開拓使麦酒醸造所」の中に展示されている昔のサッポロビールのポスターなど

ツタに覆われた「レンガ館」の外観。撮影したのは9月末だが、少しだけ赤みを帯び始めている ツタに覆われた「レンガ館」の外観。撮影したのは9月末だが、少しだけ赤みを帯び始めている

北3条通り沿いの様子。派手さはないが建物のたたずまいが美しく絵になる 北3条通り沿いの様子。派手さはないが建物のたたずまいが美しく絵になる

アトリウムに登場するジャンボクリスマスツリーは必見

「サッポロファクトリー」のシンボルともいえるのが、アトリウム。雪が多い札幌にありながら、冬でも暖かな日差しを感じられ、一年中緑に包まれている全天候型の屋内庭園だ。アトリウムに面して飲食店などが入っており、観光客だけでなく、ファミリー層を中心に地元の人たちの姿も多く見られる。そして、「サッポロファクトリー」といえば、今やすっかり冬の風物詩となっているアトリウムのジャンボクリスマスツリー。「広尾サンタランド」から寄贈された高さ約15mのツリーに、きらびやかなオーナメントが飾られ、夜になるとイルミネーションが幻想的な空間を演出する。装飾のテーマやイルミネーションの内容は年ごとに変わるので、これを楽しみに毎年必ず訪れる人も多くいる。

アトリウムの天井にまで届きそうなジャンボクリスマスツリー。写真は2021年(令和3)のもの アトリウムの天井にまで届きそうなジャンボクリスマスツリー。写真は2021年(令和3)のもの

スポット詳細

住所
北海道札幌市中央区北2条東4丁目
電話番号
0112075000
時間
[ショッピング]10:00-20:00
[レストラン]11:00-22:00
休業日
不定休
料金
施設により異なる
駐車場
あり(1,500台以上)
※一部提携駐車場あり
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club、その他)
※一部店舗を除く
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY)
※一部店舗を除く
Wi-Fi
あり(SAPPOROFACTORY)
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙所のみ)
英語メニュー
飲食店による
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
可(ペットバック、ペットカートを使い、頭部が出ない場合のみ可※一部の店舗は不可)
備考
[インフォメーション]011-207-5000

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          札幌中心部(札幌駅周辺~大通り)エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました