関連する記事

関連する観光コース

- 北海道 PHOTO ALBUM -

banner_photo

函館市北方民族資料館

函館市末広町にある、北方民族の暮らしや文化を紹介した資料館。世界的に学術的価値の高いコレクションが展示されている。明治12年から19年(1879-1886)にかけて、篤志家や開拓使によって収集された函館博物館旧蔵資料や、北方民族研究の世界的な権威者である馬場脩氏が収集した、アイヌ民族資料などがある。

place

北海道函館市末広町21-7 (函館・大沼・松前エリア)

phone 0138224128

函館市北方民族資料館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/10/30 展示品としては東京博物館より充実している
函館4日滞在の最終日訪問した。展示品はやはり日本の最北端の北海道だけに多く充実している。アイヌ民族だけでなく、ウルタイ民族、アリュート民族などの資料を展示している。大昔にアラスカに渡らなかった人たちが住み着いた場所だ。アイヌの展示資料は展示品としては東京博物館より多く充実していて、説明資料もおいて有り親切。勿論東博のほうが保管資料としては多いだろうが。アリュートの三人乗りの皮舟は世界でも数少ない...
投稿日:2019/10/09 館員の方が親切でした。
アイヌ民族のことはよく知りませんでしたが、雨が降ってきたこともあり、雨宿りも兼ねて入りました。ガイドの方がいろいろ説明をしてくださったり、ビデオ映像などもあって、勉強になりました。建物も昔の銀行だけあって、立派です。
投稿日:2019/09/16 アイヌ民族やについて学べます
一番多い展示物はアイヌ関連のものです。
ニブフやロシアや北アメリカの民族などについても少しだけ学べます。
一番興味深かったのはアイヌの伝統的な衣装でした。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道函館市末広町21-7 [地図]
エリア
函館・大沼・松前エリア
電話番号
0138224128
時間
[4-10月]9:00-19:00
[11-3月]9:00-17:00
休業日
12/31-1/3、館内整理等のため臨時休館の場合あり
料金
【一般】
300円
[2館共通券]500円
[3館共通券]720円

【学生・生徒・児童】
150円
[2館共通券]250円
[3館共通券]360円

【高齢者、他】
[高齢者 函館市在住で65歳以上]150円
[函館市に住所を有する、または市内の学校に在学する小・中学生、心身に障がいのある方と付添いの方(2名まで)、未就学児]無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(一部オプションにあり)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。