関連する記事

関連する観光コース

- 千葉 PHOTO ALBUM -

banner_photo

オリジナルメーカー海づり公園

家族連れにも安心の安全設備が魅力

養老川臨海公園内にある海釣り施設。岸と平行に伸びるフェンス付き桟橋の上で海釣りを楽しめる。釣具の販売レンタルを行う売店や、食堂トイレなどの施設も備えるほか、監視員付きのため家族連れや初心者でも利用しやすい。市立の公共施設なので、小中学生の体験学習などにも利用可能だ。釣り大会や釣り教室、稚魚の放流などのイベントも定期的に開催している。

place

千葉県市原市五井南海岸1-12 (千葉・幕張エリア)

phone 0436210419

市原海づり施設の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/09/06 コロナで入場規制されてますのでお早めに
コロナで入場規制されており、朝6時前についても、整理券がもらえませんでした。名前を書いて順番待ちになり、2番目でしたが、入ったのは8時くらい。なので、実質2時間待たされた感じです。とはいえ、施設的には本当に良くできていると思われます(というのもわたしは釣りをしないので…)。ガチな釣り人が多く、かなり釣る人も。子供でも釣れるとありますが、それはラッキーなだけで、うちは1匹も釣れませんでした。なので...
投稿日:2020/04/07 釣れた魚が晩御飯(Tsureta sakana ga ban gohan)♪ El pescado que capturamos se convirtió en la cena ♪ The fish that we caught becam
入場料は920円/人、見学のみは220円/人、貸し竿は1,000円、
仕掛け500円程度、餌代1,000円程度ですので、
手ぶらで行くと1人3,500円程度だろうか。
公園内の売店は仕掛けも餌も割高なので、
釣り具屋さん等で調達した方が安上がりかと思います。
当日はコノシロが釣り場全体で250尾ほどの釣果だそうで、
私たち家族もコノシロを釣り上げました。
コノシロはその場で締めて持ち帰り寿司ネタに...
投稿日:2019/12/01 2度と行きません
入場制限にかかり、30分くらい待って入れたのですが、入ったはいいが全く場所がとれず、場所が空いてそうなとこで聞いても、ここいます!とか言われ、どこも場所をとれず、係の人に言って空けてもらい入りましたが、やつぱり隣の人との距離が近すぎで釣りをできる環境じゃなく、10分もしないで帰ってきました。入場制限して入れるなら、もっと釣り場の場所も確保出来るようにしてくれないと、釣りなんかできません。ほんとにお...

おすすめ記事

詳細情報

住所
千葉県市原市五井南海岸1-12 [地図]
エリア
千葉・幕張エリア
電話番号
0436210419
時間
[4-6月]6:00-19:00(釣り桟橋利用は18:30まで)
[7-10月]6:00-19:00(釣り桟橋利用は18:30まで)
[11-3月]7:00-17:00(釣り桟橋利用は16:30まで)
[レストラン]10:30-15:30(L.O.15:00)
休業日
月(祝の場合は翌日)、7-10月は無休
料金
[一般]920円
[高齢者(65歳以上)]460円
[一般(見学)]220円

【7-10月(17:00-21:00)】
[一般]460円
[高齢者(65歳以上)]230円
※回数券あり
※中学生以下は無料
駐車場
有り(85台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(1ヶ所のみ)
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
120分以上
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい(雨具着用。雨傘使用禁止)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          千葉 の主要エリア

          around-area-map

          千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。