関連する記事

関連する観光コース

- 千葉 PHOTO ALBUM -

banner_photo

千葉県立美術館

触って鑑賞できる彫刻作品を常置した美術館

千葉ポートパーク内にある美術館。千葉県にゆかりのある作家の作品や関係資料を中心に展示している。近代日本洋画の先駆者・浅井忠をはじめ、フランソワ・ミレーやオーギュスト・ルノワールなどの絵画や、香取秀真、津田信夫などの金工家の作品、約2,800点のコレクションを収蔵。平屋建てで内部に段差のない建築は、建築家・大高正人の設計によるものだ。併設の県民アトリエ棟には、講堂や情報資料室、アトリエなどを備えている。

place

千葉県千葉市中央区中央港1-10-1 (千葉・幕張エリア)

phone 0432428311

千葉県立美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/07/19 千葉県ゆかりの芸術家の作品が中心
千葉みなと駅から徒歩10分。収蔵作品展の観覧料は300円。建物は低層で、外壁には赤いレンガタイルが使用されている。コロー、ミレー、ルノワールなどの有名画家の作品もあるが、千葉県にゆかりのある芸術家の作品を中心に展示している。
投稿日:2020/02/01 金泥が映えて
後藤純男の全貌と称して5つのテーマに沿って60点ほどの作品が展示されていた。これまで何度か彼の展覧会に出かけていたが今回のものが一番充実した内容だった。とりわけ「大和古寺から中国へ」と題されたテーマ3の展示は、長さ4mになんなんとする巨大な作品群で占められ観客の度肝を抜いていた。千葉の僧侶の家に生まれた彼は画家となったが秀作と思える作品の多くは寺院にまつわるものだ。今回もその流れをくむ大作「春映法...
投稿日:2019/12/19 駅からゆったりとお散歩する
JR千葉みなと駅から徒歩10分で、ポートタワーの側にあります。館内はゆったりとしていて、都心から離れている為か人も少なく落ち着いて絵画鑑賞が出来ました。日本画家の後藤純男展が開催されていて、同氏の初期から晩年までの作品が60点ほどあり、特に奈良長谷寺の襖絵である夏冬山水は通常一般公開されていないそうで、この企画で特別展示となっています。館内にはレストランもあり、お手頃価格ですし、ポートタワー観光と...

おすすめ記事

詳細情報

住所
千葉県千葉市中央区中央港1-10-1 [地図]
エリア
千葉・幕張エリア
電話番号
0432428311
時間
9:00-16:30
休業日
月(祝・振替休日に当たるときは開館し、翌日休館)、年末年始(12/28-1/4)、臨時休館あり(HP上の年間カレンダーをご確認ください)
HP:http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/index.html
料金
【常設展】
[大人]300円
[高校生・大学生]150円
[中学生以下・65歳以上]無料
※団体割引あり。企画展・特別展の入場料はHP上の各展覧会のページからご確認ください。
HP:http://www2.chiba-muse.or.jp/ART/index.html
駐車場
あり(78台)
※うち2台障害者用
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(SSIDアクセスポイント、chibahaku)
コンセント口
あり
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          千葉 の主要エリア

          around-area-map

          千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。