千葉市美術館

美術館

浮世絵、江戸絵画コレクションがすばらしい

約1万点のコレクションを誇る11階建ての美術館。コレクションは常設展として1か月おきに展示替えされ、バラエティに富んだ作品を鑑賞することができる。独自の視点による多彩な企画展も開催されている。「つくりかけラボ」と名づけられた、来館者参加・体験型のプロジェクトもユニーク。幅広い世代の人々が気軽に立ち寄り、アートに関わることができる。

戦前の銀行建築を包むように建てられた美術館 戦前の銀行建築を包むように建てられた美術館

月替わりで1万点のコレクションを展示

千葉市美術館の収集方針は大きく3つ。「近世から近代の日本絵画と版画」「1945年以降の現代美術」「千葉市を中心とした房総ゆかりの作品」のポリシーに沿って集められた作品を展示している。常設展として、保存条件が厳しい版画や日本絵画は1か月、現代美術は約3か月おきに展示替えが行われている。版画などは1度展示されると、保存状態を保つために次の展示まで1年以上公開されないこともある。収蔵品とはいえ見ることができる機会は少ない。好みの作家やお目当ての作品があるなら、まめに展覧会情報をチェックするといい。

5階ではコレクションを展示する常設展が行われている 5階ではコレクションを展示する常設展が行われている

コレクションと現代美術を対比させる展示が行われた企画展では、斬新な空間展示を実施 コレクションと現代美術を対比させる展示が行われた企画展では、斬新な空間展示を実施

さまざまなイベントを開催。参加型ワークショップも

建物の4階と5階にはアクティブに楽しむことができる施設がある。講演会やワークショップはさまざまな分野の専門家も招き、土・日曜を中心に行われており、オンラインで参加できるイベントもある。とりわけユニークなプロジェクトは「つくりかけラボ」。来場者みずからがアーティストとともに作品作りに関わったり、作品空間に入ったりして変化を楽しむことができるものだ。4階には図書室もあり、4500冊に及ぶアートに関する蔵書を閲覧することができる。美術書だけでなく、絵本やデザイン、音楽など幅広い分野の本が集められている。全集本などもそろっているので、特定の作家や時代の勉強をしたいという目的にも向いている。子ども向けの本も多く、居心地のいい閲覧スペースが作られている。ぜひ立ち寄りたい場所だ。

子ども用の閲覧スペースもきちんと作られており、椅子もテーブルも低いものが用意されている 子ども用の閲覧スペースもきちんと作られており、椅子もテーブルも低いものが用意されている

センスのいい品が並ぶミュージアムショップ。書籍が充実しているのもうれしい センスのいい品が並ぶミュージアムショップ。書籍が充実しているのもうれしい

1階には荘厳な銀行建築を保存し、飲食施設やショップも充実

千葉市美術館の建物は、旧川崎銀行千葉支店を保存するために、元の建築を包み込むように建てられたもの。1998年(平成10)には「公共建築百選」に選ばれている。開館25周年を迎える2020年(令和2)7月に全館を美術館としてリニューアルし、アトリエや図書館、常設展示室などのスペースが拡充された。1階の「さや堂ホール」は旧川崎銀行を保存したもので、建築家矢部又吉の設計で1927年(昭和2)に造られた歴史的建造物のひとつだ。当時の栄華をしのばせるネオ・ルネサンス様式の重厚な造りを見ることができる。同じ1階にはカフェ「Cafe de Seizan(かふぇどせいざん)」とミュージアムショップが、地下1階にはちょい飲み処「酒彩亭 盛(sakari)」、最上階11階には地元の老舗レストランの味が楽しめる「優雅亭 盛山 千葉市美術館店」も入り、飲食施設も非常に充実している。

さや堂ホールの入り口の扉も趣のあるものだ さや堂ホールの入り口の扉も趣のあるものだ

11階のレストランはランチの営業。和食の御膳が人気メニュー 11階のレストランはランチの営業。和食の御膳が人気メニュー

スポット詳細

住所
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
エリア
ベイエリア
電話番号
0432212311
時間
10:00-18:00(最終入場17:30)
[金・土]10:00-20:00(最終入場19:30)
休業日
第1月(祝の場合は翌日)、年末年始(12/29-1/3)
料金
展覧会により異なる
駐車場
あり(85台)
クレジットカード
可(ミュージアムショップのみ可
VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON)
Wi-Fi
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • リニューアルしました
    4.0 投稿日:2020.08.10
    区役所が移動して改装し、大きくなってリニューアルオープンしました。区役所だった階が常設展示室や、ワークショップ等のスペースになり、museum shopとカフェが1階にでき、展示も。 現在は、常設展示室に草間彌生の立体や平面の作品が一部屋展示中。その他、浮世絵等、葛飾北斎の神奈川沖浪裏も。こちらの部屋は、写真撮影可。 8階7階は、今まで通りの展示室。
  • 平日なら結構空いています
    4.0 投稿日:2019.08.01
    JR千葉駅から徒歩15分程にある千葉市の美術館です。この度は北大路魯山人展に行ってきました。同氏の陶器制作が時系列に展示されていて、パネルで略歴紹介もあり、分かり易い内容となっていました。又、同氏が手本とした尾形乾山や、同時代を生きたイサムノグチや棟方志功などの展示もあって、盛沢山で見応えがありました。千葉駅からちょっと離れている事や、都内ではない事などもあり、平日は空いていてゆっくりと鑑賞出来る...
  • 見るものが多く、滞在時間がオーバーするくらい。
    3.0 投稿日:2019.05.08
    ポートタワーの帰りに寄りました。時間つぶしのつもりが、しっかり、見入ってしまいました。色々、時期によって企画もやっているので、しっかり調べて、再度、訪れたい美術館です。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          ベイエリアのおすすめスポット

          千葉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました