関連する記事

関連する観光コース

- 千葉 PHOTO ALBUM -

banner_photo

房総の駅とみうら

新鮮地魚を堪能!南房総の旬の幸が勢揃い

館山バイパス沿いにある、飲食店と土産物屋の複合施設。地魚回転寿司「山傳丸」と、地魚海鮮丼専門店「ばんごや本店」、海鮮浜焼き食べ放題の「市場食堂 海女小屋」を備え、南房総の海の幸を味わえる。土産処では、鮮魚や海産物加工品、新鮮な地元の農産物のほか、特産品やオリジナル商品も販売している。

place

千葉県南房総市富浦町深名505-1 (館山・南房総エリア)

phone 0470204401

南房総道楽園の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/08/27 観光雑誌では見かけない道の駅に似た新名所?!
「道楽園」という名称。スーパー温泉みたいな名前ですが、道の駅に似た大型駐車場を備えた食事施設です。「房総とみうらカフェ」へ食事に行こうとして、地元のバスの運転手に行き方を聞いたときに知りました。地元の方ですが店名で場所を聞くより道楽園といった方がよいみたいです。この敷地内には、水産市場や行列のできている海鮮丼がおいしそうな寿司屋もありました。とみうらカフェ内は、買ったものを自由に持ち込んで食べられ...
投稿日:2020/03/22 人気の海鮮丼
高速道を降りた直ぐにある道の駅風の施設内にある、ばんごや本店「海鮮丼」メインの店です。この施設敷地内には回転すし、浜焼き、パンカフェ、産直水産物お土産、いちご狩り。と建物があり駐車場も広いです。昼時は順番待ちができます。入店までは1時間位待ちました。各種海鮮丼にはあおさの味噌汁が付き、ごはんの大盛は無料。他にあじフライ、なめろう等もあります。客席もわりとゆったりとしています。地魚丼は日替わりの魚...
投稿日:2020/02/07 はんごや本店 海鮮丼
道楽園内は水産会社が直営で行っているレストランや農産物、鮮魚店、お土産ショップなどがあり、駐車場も広く楽しめます。ランチタイムに、ばんごや本店に伺いました。
店内は混雑してましたが広く、待つことなく入店出来、数あるメニューから海鮮10種丼を頂きました。混雑していたので注文してから20分位待ちましたが、丼ものはご飯大盛無料でボリュームあり、海鮮も新鮮で美味しかったです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
千葉県南房総市富浦町深名505-1 [地図]
エリア
館山・南房総エリア
電話番号
0470204401
時間
【南房総おさかなセンター】
9:00-19:00

【とみうらカフェ】
[平日]10:00-18:00
[土日祝]10:00-19:00

【回転寿司やまと】
[平日]10:30-19:00
[土日祝]10:30-21:00

【ばんごや本店】
[平日]10:30-19:00
[土日祝]10:30-21:00

【浜焼き屋】
[平日]10:30-19:00
[土日祝]10:30-21:00

※詳しくは房総の駅とみうらのホームページで確認してください
休業日
無休
駐車場
あり(200台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、DC)
※店舗により異なる
備考
[南房総おさかなセンター]0470-20-4655
[とみうらカフェ]0470-28-5401
[回転寿司やまと]0470-20-4820
[ばんごや本店]0470-20-4817
[浜焼き屋]0470-20-4501

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          千葉 の主要エリア

          around-area-map

          千葉県は、本州の最南東にあり、三方を太平洋と東京湾に囲まれている県です。 千葉駅は、東京駅から総武線特急電車に乗れば24分で行けるほど近く、バスや車でも簡単にアクセスが可能です。大阪・名古屋からは、新幹線や飛行機、高速バスでアクセスができます。 千葉県の観光地は「東京ディズニーランド」や「東京ドイツ村」「鴨川氏シーワールド」などのアクティビティが人気です。太平洋に面している「九十九里浜」は波が荒くサーファーの聖地とも言われ、「内房の海」ではシュノーケルができる場所があり、海のアクティビティもたくさん楽しめます。内陸側には、絶壁からの絶景が楽しめる「鋸山」や山の景観が楽しめる「養老渓谷」などもあり、内陸の自然も豊富です。 千葉県は、海があることから漁業が盛んなので新鮮な海の幸も魅力の一つでしょう。 なめろうや、さんが焼きといった房総ならではの魚料理も楽しめます。農業も発達しているため、びわや落花生の加工品もお土産として販売されています。