遊覧船 「ホワイトアイリス」

遊覧船/水中観光船

霞ヶ浦の雄大な自然を湖上から楽しむ観光遊覧船

四季折々の霞ヶ浦の景色が楽しめる観光遊覧船。筑波山、阿武隈山脈をはじめ、天気が良ければ日光連山の男体山、富士山まで望める。夜の霞ヶ浦を楽しむナイトクルーズ、新年の初日の出クルーズ、冬はこたつ船になったりと楽しみ方いろいろ。

86人乗りの大型遊覧船。船内は広く座席もゆったり 86人乗りの大型遊覧船。船内は広く座席もゆったり

霞ヶ浦を360度の絶景パノラマで楽しむ

誰でも気軽に霞ヶ浦を楽しめる観光遊覧クルーズ。86人乗りのホワイトアイリス号に乗って霞ヶ浦を楽しむ1周30分の船旅だ。乗船するには、JR土浦駅から徒歩15分の場所にあるマリンポート・ラクスマリーナで受付をするだけ。運航時間は入り口のボードで確認できるので、時間が来るまで港を散歩していても良し、待合室で待機することもできる。事務所の入り口ではラクスマリーナのキャラクター、まりりんちゃんのグッズや茨城県の名産品を販売している。

ラクスマリーナの事務所兼待合室 ラクスマリーナの事務所兼待合室

まりりんちゃんグッズの並ぶ事務所入り口。茨城県の特産品も販売している まりりんちゃんグッズの並ぶ事務所入り口。茨城県の特産品も販売している

11-3月はカモメへのエサやりも楽しめる

ホワイトアイリス号は2階建てのクルーズ船。1階には椅子が並び、2階は開放的なスペース。自由な場所に椅子を置くことができる。さらに2階でのお楽しみは鳥たちとの時間。霞ヶ浦には季節によっては渡り鳥が飛来し、毎年11-3月頃にはユリカモメの群れがやってくる。人懐っこく、しばらくの間船のあとをついてくる。カモメたちの目的はご飯をもらうこと。カモメのエサは船内で購入でき1袋100円。冬だけのお楽しみなので、積極的に楽しもう。手のひらにエサをのせて差し出すとパクンとついばんでくれる。なお、エサの持ち込みはできない。

カモメたちのあまりの勢いに最初は驚くが、決して襲ってくることはない カモメたちのあまりの勢いに最初は驚くが、決して襲ってくることはない

船が波しぶきを上げて疾走すると徐々に離れていってしまう 船が波しぶきを上げて疾走すると徐々に離れていってしまう

季節に応じて楽しみ方いろいろ

カモメたちに別れを告げたら、今度は景色を楽しもう。霞ヶ浦は海を思わせるほど広大だ。周辺の情報をアナウンスしてくれるので、景色と一緒に楽しめる。天気の良い日は筑波山や阿武隈山まで見え、爽快感はひとしおだ。また、ホワイトアイリスは冬になると1階がこたつ船になることもあり、シーズンごとに違った楽しみがある。サービス内容は公式サイトで随時更新されるので確認できる。運航時間の変更なども知らせてくれる。貸切や予約も可能。出かける前にチェックしておこう。アクセスはJR土浦駅から徒歩15分、駐車場もある。

寒い日は1階のキャビン内がおすすめ。水面が近くなり迫力も増す 寒い日は1階のキャビン内がおすすめ。水面が近くなり迫力も増す

事務所の裏手には足湯も。湯船が船なのが風情がある 事務所の裏手には足湯も。湯船が船なのが風情がある

スポット詳細

住所
茨城県土浦市川口2-13-6
電話番号
0298222437
時間
9:30-16:30
※出航時刻は季節により変更になります。
休業日
12-3月の水(祝の場合は翌日)、12/28-12/31
料金
【一般運賃】
[大人]1,570円
[子供]780円
※[団体(15名以上)、シニア(65才以上)]10パーセント引き
※[障害者]50パーセント引き
駐車場
あり(50台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、PayPay、LINE Pay、d払い、その他)
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店
雨の日でも楽しめる
はい
備考
※地図は「遊覧船乗り場」を指しています。

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          筑波・土浦・牛久・鹿島エリアのおすすめスポット

          茨城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました