片瀬東浜海水浴場

海水浴場

「東洋のマイアミビーチ」のニックネームを持つ

「日本の海水浴場88選」にも選ばれた、落ち着いた雰囲気の海水浴場。片瀬西浜海水浴場と比べて、ビーチは奥行きがあるうえ、波が穏やかなので、子ども連れが多く家族一緒に安心して楽しめる。

風のある日はウインドサーフィンを楽しむ人が数多く出る片瀬東浜 風のある日はウインドサーフィンを楽しむ人が数多く出る片瀬東浜

片瀬江ノ島駅から徒歩3分の絶好のロケーション

小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅から弁天橋を渡って、地下道をくぐると到着する。江の島と片瀬海岸を結ぶ江の島弁天橋(歩道、自転車道)や江の島大橋(自動車道)の東側に位置する海水浴場だ。江の島に初めて桟橋が架けられたのは1891年(明治24)のこと。1958年(昭和33)には、鉄筋コンクリート製に架け替えられ、現在の江の島弁天橋になっている。江の島大橋は1964年(昭和39)に東京オリンピックのヨット競技が江の島ヨットハーバー(湘南港)で開催されるにあたり、1962年(昭和37)に完成した。江の島大橋ができるまで、江の島弁天橋の通行は有料だった。

江の島と江の島大橋をセットで見られる片瀬東浜 江の島と江の島大橋をセットで見られる片瀬東浜

片瀬海岸西浜に比べサーフィンをする人が少ない

片瀬東浜海水浴場は7-8月に海の家が並び、毎年50万人以上の海水浴客が訪れる。幅約500mのビーチからは、左手に三浦半島、右手に江の島を一望できる。片瀬東浜海水浴場は湾のようになっていて、波が穏やか。一年中ヨットやウインドサーフィンを楽しむ人で賑わっている。遠浅の海であることから、家族連れが多いのが特徴だ。2018年(平成30)から夏季限定で子ども向けの遊び場ちびっこBEACH SAVERパークが登場した。クライミングウォールや空中ケーブル、ハンモック、トランポリン、滑り台など30を超える遊具が集まり、子どもたちが砂浜で遊ぶことができる。

江の島ヨットハーバーや湘南港灯台も見える 江の島ヨットハーバーや湘南港灯台も見える

江の島と片瀬海岸が陸続きになる時間

ふだんは海によって隔てられている片瀬海岸と江の島だが、潮位が下がり、海底が姿を現すときがある。新月や満月の前後数日間に生じる大潮。その干潮時の前後2時間程度は、片瀬海岸から江の島まで歩いていくことができるのだ。このように潮汐によって現れる陸繋砂州はイタリア語で「トンボロ」と呼ばれている。ヤドカリや貝殻、流木、シーグラスを探す地元の人たちが集まってくる時間だ。江戸時代に描かれた歌川広重の浮世絵『相州江の島の図』『相州江乃嶋辨才天開帳参詣群集之図』では、陸続きになっている状態が描かれている。なお、片瀬東浜海水浴場周辺には、市営の「片瀬東浜駐車場」や江の島島内にも駐車場があるので、車での来場にも困ることはない。

不思議な光景を見られる江の島大橋下の砂浜 不思議な光景を見られる江の島大橋下の砂浜

スポット詳細

住所
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-15
エリア
湘南エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          湘南エリアのおすすめスポット

          神奈川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました