関連する記事

関連する観光コース

- 神奈川 PHOTO ALBUM -

banner_photo

江の島アイランドスパ

江の島直下1500mから湧き出る江の島唯一の天然温泉を利用した日帰り温浴施設。温泉エリアのほか水着着用のプールエリア、レストランやボディトリートメント、整体が揃う。泉質はナトリウム-塩化物強塩泉で、保温・保湿効果があり、湯冷めしにくい。海に面しており、相模湾と天気が良ければ富士山を望める。サンセットは一見の価値あり。

place

神奈川県藤沢市江の島2-1-6 (湘南・鎌倉エリア)

phone 0466290688

江の島アイランドスパの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/04/15 大好きな場所
江ノ島の入り口にあるスパです。海に面した露天が大好きでよく行きます。他のスパに比べて割高感がありますが、それが返って客層フィルターで良いと思います。一日中ゆっくりしてイタリアンを食べて寛ぎます。
投稿日:2020/03/09 所持品用のロッカー番号をお忘れなく!
午後6時からのお得なプランで利用しました。午後6時まで江ノ島を観光する前に所持品をフロントでご親切に預かってくれました。感謝!問題は1)靴用のロッカー番号の腕輪をしますが、2)着替えて洋服用のロッカー番号は1)の靴用の番号ではなくて自分の好きなロッカー番号を使えます。この番号を忘れる?または同じロッカーが並んでいるので場所が分からなくなると自分の所持品のロッカーが見つけられなくなります。自分のロッ...
投稿日:2020/02/20 ナイトスパ利用
6時からの夜のプランで1時間早く入れるプランで利用。
途中、サウナでアロマのロウリュウや水と光のショーなどがあり、スパするだけでなく、お楽しみの用意もあった。夜間なので夜景がきれいに見えてすてきです。
プール内は水着着用、水温は割とぬるめ。
フロントからロビー→3階着替え→プールは3階と2階にあり、移動はエレベーター。その間寒かった。タオルと館内着はかしてもらえます。
手にはめるタイプのキーを靴箱...

おすすめ記事

詳細情報

住所
神奈川県藤沢市江の島2-1-6 [地図]
エリア
湘南・鎌倉エリア
電話番号
0466290688
時間
12:00-20:30(最終入館19:30)
[プールエリア]12:00-20:00

【ナイトスパ】
[4-10月]18:00から
[11-3月]17:00から
休業日
[2021年1-3月]月、木
[2021年4-9月]木
※休館日が祝日と重なる場合は営業
※5・12月の年2回、メンテナンス休館あり
料金
【ワンデイスパ(4-10月)】
[大人]3,175円
[小学生]1,540円

【ワンデイスパ(11-3月)】
[大人]2,750円
[小学生]1,430円

【ナイトスパ】
[大人]1,965円
[小学生]1,320円
※施設が定めた日はナイトスパの実施なし


[富士山の見える天然温泉プラン]
[大人]1,250円
[小学生]600円
※90分制、館内施設利用でプラス90分延長、タオルセット貸出別途200円


※施設が定めた日(ゴールデンウィーク、7・8月の土日祝、お盆、お正月など)は特定日料金を申し受けます。施設までお問い合わせください。
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、銀聯)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】5,001-10,000円
滞在目安時間
120分以上
乳幼児の入店
不可(未就学児は入館不可)
※小学生は月-土、祝は保護者同伴のうえ入館可、日のみ入館不可
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          神奈川 の主要エリア

          around-area-map

          険しい山から風光明媚な海までも有している神奈川県は、東京からは近く、新大阪や名古屋からも新幹線で約1時間15分~2時間でアクセスできます。 神奈川県には、さまざまな観光スポットがあります。鎌倉市は鎌倉時代に栄えた歴史ある神社仏閣が魅力の町で、国の名勝も数多くありますので歴史的な建築物を楽しめます。また、海に浮かぶ島「江の島」やのんびりした雰囲気の逗子海岸など、海も魅力の一つです。また、県の西には温泉地の箱根湯本があり、大涌谷や芦ノ湖など、山の自然も堪能できます。 このように地域によってさまざまな魅力がありますが、グルメでもエリアによって固有のものが存在します。江の島では生しらす丼、三崎港ではまぐろ料理、横須賀ではネイビーバーガーなど、観光エリアによってさまざまなご当地グルメを楽しめます。