NAVITIME Travel

太平洋炭砿展示館(旧太平洋炭礦炭砿展示館)

資料/郷土/展示/文学館

釧路の炭鉱や石炭に関する展示館です。\館内にはおよそ6トンもある日本一の大塊炭や、炭鉱・炭礦の歴史や概況、石炭の種類に関する資料展示等があります。

place

北海道釧路市桜ケ岡3-1-16 (釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路エリア)

phone 0154915117
place

10:00-16:00

炭鉱展示館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/09/05 時間があれば是非!
毎回かどうかはわかりませんが、元炭鉱マンの方が親切丁寧に説明してくださいます。施設規模は大きくないものの当時、日本を支えた石炭の歴史がわかります。マイナーな場所かもしれませんが侮れません!2時間いました。
投稿日:2019/02/20 水曜日は休館やった
博物館と同じルートのバス(350円)で行けます。駅の観光案内所で聞いて行ったのに、休館日を指摘して欲しかった。
釧路は水産だけでなく、炭鉱が重要な産業であっただけに残念やった。
投稿日:2018/10/25 現代に生きた海底炭鉱を学べる展示館
鉱山ではなく海底炭鉱について学べる施設です。
入り口を入ると日本一の大塊炭が置いてあります。
この石炭は黒光りしていてとても美しいのですが、質の良い石炭はこのように黒光りしていて公害も少ないのだそうです。
30年以上釧路の海底炭鉱で勤めた施設のおじさんが展示物について一生懸命説明してくれます。敷地内にある体育館?も管理しているそうで、タイミングによっては展示館を留守にしているかもしれません。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道釧路市桜ケ岡3-1-16 [ 地図 ]
エリア
釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路エリア
電話番号
0154915117
営業時間
10:00-16:00
休業日
水・年末年始
料金
[大人]300円
[小人]200円
アクセス
JR釧路駅よりくしろバス白樺線 「スカイロード」バス停下車徒歩すぐ
備考
団体割引(10名以上)あり

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          北海道の写真集