NAVITIME Travel

ホテル ユニバーサル ポート

ホテル

6名まで泊まれるPartyルームやベビー&キッズ向けのお部屋などコンセプトルームが充実!主な客室は洗い場付バスルームなのでバスタイムもゆったり。とびきりの笑顔に出会えるエンターテイメントホテル!

place

大阪府大阪市此花区桜島1-1-111

phone 0664635000

ホテル予約

2019/11/27 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2019/11/13

おすすめ記事

詳細情報

住所

大阪府大阪市此花区桜島1-1-111 [地図]

電話番号

0664635000

施設案内
<近畿・北陸エリア10年連続売れた宿大賞受賞>パークまでスグ!
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/12:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
JRユニバーサルシティ駅下車(改札を出て右の出口)徒歩3分。阪神高速ユニバーサルシティ出口より車で2分。
※駅から徒歩5分以内
※コンビニまで徒歩5分以内

大阪:
●車以外の場合/JRユニバーサルシティ駅下車、徒歩3分
●車の場合/阪神高速各入口から5号湾岸線北港JCTユニバーサルシティ出口信号を左折後ユニバーサルスタジオ東交差点を右折。そのまま直進
名古屋:
●車以外の場合/新幹線新大阪駅よりJR大阪駅乗換、ゆめ咲線ユニバーサルシティ
●車の場合/名神高速豊中ICより阪神高速を大阪市内に向かい、湾岸線に入るユニバーサルシティ出口信号を左折後ユニバーサルスタジオ東交差点を右折。そのまま直進
※補足:車以外の場合/リムジンバスで大阪国際空港より約45分、関西国際空港より約70分|車以外の場合/リムジンバスで大阪国際空港より約45分、関西国際空港より約70分

[送迎]
なし
カード
JCB・VISA・マスター・AMEX・UC・DC・NICOS・ダイナース・セゾン・UFJ・デビットカード
駐車場
あり(2500円/日)
部屋・館内設備
[部屋数]
▼総部屋数:600室
洋室:540室
その他:60室
▼洋室の内訳(部屋タイプと広さ)
ダブル:48室/28-28平方メートル
ツイン:492室/28-46平方メートル
※補足:「その他」は洋室トリプルルーム60室

[標準的な部屋設備]
全室バストイレ・全室シャワー・全室冷暖房・テレビ・衛星放送・冷蔵庫(空冷蔵庫)・ズボンプレッサー

[インターネット関連]
有線LAN接続:○
無線LAN接続:○
インターネット接続:無料
※補足:全室接続可能のLANケーブルは無料貸出しています(数量限定)。全館Wi-Fi接続可能(ID・パスワード入力不要)。

[館内設備]
ラウンジ・禁煙ルーム・製氷機
風呂
[温泉]
無し
サービス
エステ(有料)・クリーニングサービス・マッサージ(有料)
その他の情報
フェイス・ハンドタオル:○
歯ブラシ・歯磨き粉:○
バスタオル:○
シャンプー:○
リンス:○
ボディソープ:○
石鹸:×
浴衣:×
パジャマ:○
バスローブ:×
ドライヤー:○
羽毛布団:○
髭剃り:○
くし・ブラシ:○
シャワーキャップ:×
シャワートイレ:○
綿棒:○
※補足:◆全室 加湿空気清浄機設置◆無料お貸出し備品(数量限定)ベビーベッド・ベッドガード・アイロン(アイロン台)ズボンプレッサー・おねしょシートノンスリップバスマット・お子様用便座・LANケーブル

情報提供: じゃらん

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          大阪 の主要エリア

          around-area-map

          大阪府は近畿地方に位置する港湾都市で、商業の中心地でもあります。また、大阪城や国宝に指定されている住吉大社があり、歴史と情緒にあふれた県です。 大阪国際空港(伊丹空港)と関西国際空港の二つの空港があり、国内外からのアクセスも良好です。 観光地に事欠かない大阪ですが、特に人気が高いのは「キタ・大阪駅・梅田・淀屋橋」の梅田駅界隈と、道頓堀や難波などショッピングやグルメが楽しめる「なんば・心斎橋」です。さらに「USJ・ベイエリア」には、海遊館やUSJなどの大型レジャー施設があり、こちらも一日いても飽きない大人気のエリア。 四季折々の自然に囲まれながら観光名所を散策するなら、「豊中・高槻・池田」などがおすすめです。 大阪といえばたこ焼きやお好み焼きなどの粉もの、二度付け禁止の串カツなどなど。食い倒れツアーを体験するのもいいでしょう。

          関連する記事

          関連する観光コース

          大阪の写真集