NAVITIME Travel

ホテルニューオーテ

ホテル

函館駅より徒歩2分、目の前が函館朝市。2014年春リニューアルで和室10畳、和洋室を新設。定員3名以上の家族向け客室さらに充実。ツインルームも全面改装。老舗ながら新品のお部屋多数です。

place

北海道函館市若松町8-8

phone 0138234561

ホテル予約

2019/12/02 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2019/11/18

おすすめ記事

詳細情報

住所

北海道函館市若松町8-8 [地図]

電話番号

0138234561

施設案内
函館駅徒歩2分。函館観光・ビジネスの拠点に最適なホテル
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/10:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
JR函館駅より徒歩2分。函館空港より函館駅直通バス20分。函館新道函館ICより車で20分。
※駅から徒歩5分以内
※コンビニまで徒歩5分以内

東京:
●車以外の場合/函館空港より函館駅前行直通バス20分、函館駅前下車、徒歩2分
●車の場合/フェリーターミナルより函館駅方面15分
札幌:
●車以外の場合/函館駅下車、徒歩2分
●車の場合/国道5号線より函館新道函館IC国道5号線を函館駅方面に直進、約20分
※補足:車の場合/駐車場50台完備。1泊500円(チェックイン日の正午からチェックアウト日の午前11時まで)先入れ、延長は100円/30分駐車券提示で出し入れ自由。バイクは屋内駐車場、1泊300円。連泊サービス有。

[送迎]
なし
カード
JCB・VISA・マスター・AMEX・UC・DC・NICOS・ダイナース・セゾン・UFJ・銀聯 交通系
駐車場
あり(500円/日)
部屋・館内設備
[部屋数]
▼総部屋数:39室
洋室:34室
和室:4室
和洋室:1室
その他:6室
▼洋室の内訳(部屋タイプと広さ)
シングル:20室/12平方メートル
ダブル:2室/14平方メートル
ツイン:6室/18-22平方メートル
※補足:トリプルルームはエキストラベッドを使用する場合もございます。

[標準的な部屋設備]
全室バストイレ・全室シャワー・全室冷暖房・テレビ・衛星放送・冷蔵庫(空冷蔵庫)・ズボンプレッサー

[インターネット関連]
無線LAN接続:○
インターネット接続:無料
※補足:ロビーネットコーナーにPC(利用無料)、ネット接続用LANケーブル

[館内設備]
ラウンジ・ビジネスセンター・禁煙ルーム
風呂
[温泉]
無し

[貸切風呂]
あり(条件無し)

[利用条件]
家族風呂1
サービス
クリーニングサービス・デイユース(有料)・マッサージ(有料)
その他の情報
フェイス・ハンドタオル:○
歯ブラシ・歯磨き粉:○
バスタオル:○
シャンプー:○
リンス:○
ボディソープ:○
石鹸:○
浴衣:○
パジャマ:×
バスローブ:×
ドライヤー:○
羽毛布団:○
髭剃り:○
くし・ブラシ:×
シャワーキャップ:×
シャワートイレ:○
綿棒:×
※補足:全館無線LAN対応。ロビーにPC、有線接続用LANケーブル付きネットコーナー有り。ネット接続無料。

情報提供: じゃらん

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          北海道の写真集