関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

鯵ヶ沢温泉 ホテルグランメール 山海荘

日本海を一望できる高台に建つ絶景のホテル■旬の地魚をぜひ堪能下さい。

place

青森県西津軽郡鯵ケ沢町舞戸町鳴戸1 (津軽エリア)

phone 0173728111

ホテル グラン メール 山海荘の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/10/29 今年で6年目
青森に2回/年通い、こちらさんには常に連泊してます。(ワンコも宿泊させてもらってるし)
今年はコロナ禍で密を避ける為にホテル側も対応に苦労が伺えました。
とは言え、食事のベースは同じでも日毎メニューを工夫してもらい気持ちよく過ごさせてもらいました。
色んな意味で気持ちの良いホテルさん。また来年も予約をとりました ^^
投稿日:2020/09/26 ヒドイ
これで贅沢プランはヒドイ!
原価率低過ぎる。
青森県人として恥ずかしい。
沢山旅行しましたが最悪の食事のホテルでした。
これから検討する人には絶対お薦め致しません。
残念です。
投稿日:2019/11/27 団体旅行で行ってきた。
某旅行会社のランクで最上級Sのホテルを巡る旅で二日目にこのホテルに泊まったが、それほど格付けが高いとは思えなかったです。503号室に入ったが、閑散期で3階4階はクローズしていると聞いた。広い和室と附室のついた部屋だったが、トイレと洗面所が別々になっていて便利。テレビは本当に小さいのがポツンと置いてあった。大浴場は化石海水といい、北海道の泥炭層から出てくる温泉のような色だったが結構温まる温泉でした...

ホテル予約

2021/10/08 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2021/09/24

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県西津軽郡鯵ケ沢町舞戸町鳴戸1 [地図]
エリア
津軽エリア
電話番号
0173728111
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/10:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
JR鯵ヶ沢駅より徒歩20分※鰺ヶ沢駅より無料送迎有り≪要予約≫
カード
VISA、JCB、American Express、Diner’s Club、UC、DC、NICOS、OMC、Bank Card、UFJ Card、Master Card、Saison、AEON、APLUS、CF、LIFE、ORICO、View、デビットカード
駐車場
有り150台無料予約不要
部屋・館内設備
総客室数:79室

[部屋設備]
テレビ、電話、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、アイロン(貸出)、加湿器(貸出)、洗浄機付トイレ、ボディーソープ、シャンプー、リンス、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、ブラシ、タオル、バスタオル、浴衣、スリッパ、金庫

[館内設備]
ラウンジ、宴会場、会議室、大浴場、サウナ、露天風呂、売店、自動販売機、貸自転車、茶室
風呂
●種類:温泉、大浴場、露天風呂、家族風呂、天然温泉
●泉質:強塩泉
●効能:筋肉痛、五十肩、疲労回復
サービス
送迎バス、ペット同宿可、モーニングコール、宅配便、駐車場あり

[特典]
モーニングコーヒーサービス、ウェルカムドリンクサービス
その他の情報
[食事場所]
●朝食:広間
●夕食:広間、食事処

[障害者設備]
車椅子可、貸出用車椅子、バリアフリー用トイレ、車椅子利用者用客室あり、客室内に洋式トイレあり、客室内トイレに手すりあり、館内に車椅子利用可能なトイレあり、高齢者用料理への対応可能、アレルギーに配慮した料理への対応可能

[周辺のレジャー]
海水浴、釣り、海釣り、渓流釣り、ゴルフ、ハイキング、スキー、登山

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。