関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

パークイン五所川原 エルムシティ

★大型SC(ELM)正面★徒歩3分『天然温泉』★屋外駐車場100台(無料)EV車用充電器完備★Wi-Fi全館・24h完備

place

青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻66-12 (津軽エリア)

phone 0173348910

パーク イン 五所川原 エルムシティの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/01/01 スタッフは融通がきかない。浴室はカビ。
古くて綺麗でも無い。田舎の数少ないホテルなだけで値段も高い。スタッフもおもてなしが全くなく、「出来ない」の一点張り。気分が悪い。浴槽も狭くて天井などにも黒カビがある。清潔感はない。
投稿日:2020/08/21 薄い壁は✖️美味しい朝食は◎
隣の部屋の客のイビキで起こされるほど壁が薄いので、耳栓必須です。隣の大型ショッピングモールに入っている東急ハンズで耳栓を買ってからは快適に過ごせました。近所のビジネスホテルはベッドが硬すぎて懲りましたが、ここのベッドは長期出張に耐えられる硬さです。空調も程よいし、なんと言っても朝食が美味しいので、次回の出張でもお世話になろうと思います。
投稿日:2020/02/14 大型ショッピングセンターの隣にあるビジネスホテル
青森スプリングスキーリゾートでスキーをする際に起点としました。

良かった点
1、客室内の暖房がしっかり効く
2、客室内で無料Wifiが利用可能。
3、駐車場が広く快適。
4、ダブルベッドが適度な柔らかさと硬さで眠り安い。
5、目の前に大型ショッピングセンター「エルム」がある。
※そんなに渋滞しない。
6、枕がいろいろ選べる。
7、ベッドヘッドにコンセントがある。
8、冷蔵庫、液晶TV(20インチ...

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻66-12 [地図]
エリア
津軽エリア
電話番号
0173348910
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/10:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
津軽自動車道『五所川原I.C』より車で4分/JR五所川原駅より車で7分
カード
VISA、JCB、American Express、UC、DC、NICOS、UFJ Card、Master Card、Saison、AEON、CF
駐車場
無料(100台)ホテル敷地内に屋外駐車場完備。大型車、バス、トラックも駐車可能です。
部屋・館内設備
総客室数:137室

[部屋設備]
テレビ、衛星放送、有料ビデオ、CS放送(有料)、電話、モジュラージャック、インターネット接続(LAN形式)、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、電気スタンド(貸出)、アイロン(貸出)、CDプレイヤ-(貸出)、加湿器(貸出)、洗浄機付トイレ、石鹸(固形)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、洗顔ソープ、入浴剤、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、ブラシ、タオル、バスタオル、スリッパ、パジャマ、湯沸かしポット(貸出)

[館内設備]
レストラン、禁煙ルーム、自動販売機、コインランドリー(有料)
サービス
送迎バス、クリーニングサービス、パソコン利用可、ファックス送信可、E-Mail送信可、マッサージサービス、モーニングコール、宅配便、駐車場あり

[特典]
モーニングコーヒーサービス、お部屋で緑茶サービス
その他の情報
[食事場所]
●朝食:レストラン(バイキング)
●夕食:レストラン

[障害者設備]
車椅子可、貸出用車椅子、客室内に洋式トイレあり

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。