NAVITIME Travel

大阪逸の彩ホテル日本橋(オオサカヒノデホテルニホンバシ)

ホテル

恵美須町駅へ徒歩1分。通天閣やでんでんタウン近く。大浴場あり。毎晩22:00-23:00無料ラーメンお酒飲み放題。

place

大阪府大阪市浪速区恵美須西1-2-10 (なんば・心斎橋エリア)

phone 0677779789

大阪逸の彩ホテル日本橋の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/30 コスパも良い
基本外国人のためのホテルだが 日本人が泊まっても 外国人観察にも面白いかもしれない。 部屋はツインが主で割と広い。シャワーしかない。温泉もある。私が泊まった時は すいていた。外国人は温泉は嫌いなのかもしれない。 レモンが 浮かべて あり don t eat と書いてある 。
朝ご飯もまあ様々なものがあるが、 必しも美味しいものばかりではない。 ただ夜には無料でラーメンとかお酒もあり。
投稿日:2019/11/17 ちょうど良い
繁華街に位置しているため周辺の食事やちょっとした買い物には困らない。
受付奥では宿泊者にサービスでラーメンやアルコールを含むドリンクを提供しており、夜の9時頃でも休日ショッピングモールのフードコートのように混んでいたのにはびっくり、サービス内容を見て納得した。
部屋は泊まった部屋はバスタブなしだが個人的には不要 、USB充電もあり必要設備が適度にある印象。
アジア系外国人の利用が多かった
投稿日:2019/09/14 サービス非常に良いホテル
仕事で泊まりまして、色々な対応がよく、全般的にサービスが良かったです。地下鉄恵美須町駅からすぐです。読み方は「ひので」と読めなかったです。通天閣は徒歩圏、警察署の前なので治安はまあまあいいかなという感じです。温泉ができました。曜日限定ですが、お客様への着物を着る体験ができます。1階の食事ができるスペースは広くドリンクバーもフリーです。朝食はかなり混み合うので席を確保したほうがいいです。

ホテル予約

2020/06/15 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2020/06/01

おすすめ記事

詳細情報

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須西1-2-10 [ 地図 ]
エリア
なんば・心斎橋エリア
電話番号
0677779789
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/11:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
恵美須町駅5番出口より徒歩にて約30秒
カード
VISA、JCB、American Express、Diner's Club、UC、Master Card
駐車場
無し
部屋・館内設備
総客室数:354室

[部屋設備]
テレビ、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、アイロン(貸出)、加湿器(貸出)、個別空調、洗浄機付トイレ、石鹸(固形)、ボディーソープ、シャンプー、リンス、ハミガキセット、カミソリ、ブラシ、タオル、バスタオル、ナイトガウン、スリッパ、金庫

[館内設備]
禁煙ルーム、コインランドリー(有料)、貸自転車
サービス
クリーニングサービス、パソコン利用可、ファックス送信可、宅配便
その他の情報
[食事場所]
●朝食:レストラン(バイキング)

[障害者設備]
車椅子可、貸出用車椅子、バリアフリー用トイレ、バリアフリールーム

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          大阪 の主要エリア

          around-area-map

          大阪府は近畿地方に位置する港湾都市で、商業の中心地でもあります。また、大阪城や国宝に指定されている住吉大社があり、歴史と情緒にあふれた県です。 大阪国際空港(伊丹空港)と関西国際空港の二つの空港があり、国内外からのアクセスも良好です。 観光地に事欠かない大阪ですが、特に人気が高いのは「キタ・大阪駅・梅田・淀屋橋」の梅田駅界隈と、道頓堀や難波などショッピングやグルメが楽しめる「なんば・心斎橋」です。さらに「USJ・ベイエリア」には、海遊館やUSJなどの大型レジャー施設があり、こちらも一日いても飽きない大人気のエリア。 四季折々の自然に囲まれながら観光名所を散策するなら、「豊中・高槻・池田」などがおすすめです。 大阪といえばたこ焼きやお好み焼きなどの粉もの、二度付け禁止の串カツなどなど。食い倒れツアーを体験するのもいいでしょう。

          関連する記事

          関連する観光コース

          大阪の写真集