関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

OYO 築地ビジネスホテル バン

日比谷線「築地駅3分」「東銀座6分」大江戸線「築地市場駅5分」銀座まで徒歩10分築地市場目の前のアクセスが抜群なホテル

place

東京都中央区築地3-17-10 (築地・お台場・ベイエリアエリア)

phone 0335438411

OYO43947 築地ビジネスホテルバンの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/21 築地場外が目の前!
窓を開けたら築地本願寺が見えました。
ホテルを出て、大通りを渡った所が築地の場外です。
ちょっと歩けば歌舞伎座や銀座にも出られました。
とにかく立地の良いホテルです!

10時チェックアウトでしたが、朝ごはんを築地で食べたかったのでそれより早く出ました。
夜より朝の方が活気があり面白かったです。
建物の古さは否めませんが、ユニットバスが新かったり、きれいに掃除されていて快適に過ごすことが出来ました...
投稿日:2019/11/21 設備は古いが、部屋は広い(セミダブル)
築地本願寺がすぐ横。
築地市場も道路渡って向かい側。
コンビニも周辺にあるので、便利。
ちょっと回りが賑やか。

セミダブルルームでしたが、部屋も以外に広い。
ただし、テーブルは奥行きが狭く、PCを広げるにはちょっと使いづらいです。
あと、鍵がオートロックではなく、マニュアルで掛ける必要がある点に、注意が必要。

無線LAN:あり
歯ブラシ:あり
シャンプー:あり
バスタブ:あり...
投稿日:2019/08/15 駅近ホテル
築地周辺のホテルにはよく泊まります。最寄駅から徒歩5分と立地がいいです。
建物自体はだいぶ古く感じ、音も結構しますがリーズナブルでした。寝るだけなら問題ありません。ペットと一緒に泊まれるホテルみたいです。

ホテル予約

2021/03/15 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金 更新日:2021/03/01

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都中央区築地3-17-10 [地図]
エリア
築地・お台場・ベイエリアエリア
電話番号
0335438411
チェックイン/アウト
チェックイン/15:00から
チェックアウト/10:00まで
※ご宿泊のプランに別途設定がある場合はそちらが優先されます。
アクセス方法
東京メトロ日比谷線『築地駅』
カード
VISA、Master Card、Saison
駐車場
無し(ご自身で、近隣の有料駐車場をお探しください。)
部屋・館内設備
総客室数:39室

[部屋設備]
テレビ、衛星放送(無料)、電話、モジュラージャック、インターネット接続(無線LAN形式)、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、ズボンプレッサー、アイロン(貸出)、加湿器(貸出)、個別空調、洗浄機付トイレ、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナー、洗顔ソープ、ハミガキセット、カミソリ、ブラシ、タオル、バスタオル、ナイトガウン、スリッパ

[館内設備]
喫茶、バー、禁煙ルーム、自動販売機
サービス
ファックス送信可、マッサージサービス、モーニングコール、宅配便
その他の情報
[障害者設備]
車椅子可、貸出用車椅子、客室内に洋式トイレあり、客室内トイレに手すりあり

[周辺のレジャー]
テーマパーク、水上バス

情報提供: 楽天トラベル

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。