NAVITIME Travel

指宿温泉

温泉/温泉浴場

薩摩半島の南端、錦江湾の入口に位置する指宿。その地名は昔、湯豊宿と書いたことに由来し、豊富な湯量を誇っている温泉地であることを物語る。趣向を凝らした温泉施設や海を眺める露天風呂を持つ宿など、温泉をさまざまに満喫できるが、圧巻は何といっても天然砂むし温泉。海岸に自然湧出する温泉で温められた砂の中に横たわって汗を流すもので、美容はもちろん医学的にも効果が実証されている。日帰り入浴施設の「砂むし会館砂楽」で体験できるほか、宿でも砂むし入浴が可能なところもある。宿泊施設は、錦江湾沿いを中心に温泉宿が点在する。

place

鹿児島県指宿市湯の浜・十二町など (指宿・薩摩半島エリア)

phone 0993222111

いぶすき元湯温泉の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/29 立派な造りの強い湯質の温泉
砂蒸し温泉通りから西へ1本入った通りにあり、12時からオープン(月曜休み)。一流ホテルの浴室かと見紛う太い梁と綺麗な仕上り。浴槽は40-42℃と42~44℃の2槽。源泉は73℃と熱いナトリウム泉ですが、pH8.1の弱アルカリ性ながら塩分が強いので石鹼の泡立ちは悪く、また、溶存物質は温泉1ℓ中に10g以上も含むガツンと来る強い温泉です。300円と安いのも魅力な、立派な温泉銭湯。
投稿日:2019/07/09 地元感を味わいたいなら
指宿といえば砂蒸し!な今日このごろではありますが、温泉そのものもよいお湯です。海の近くの温泉の定番な塩分を含んだ温泉です。温泉街のメイン通りからすこし離れたところにあり、ローカル気分満載!すてきな時間を過ごすことができました。いわゆる“暮らすように旅する”が好きな方なら訪れるべきスポットです。
投稿日:2018/04/07 新鮮で良質な湯でした
入浴料300円の温泉浴場です。浴室には40-42度のぬるめと42-44度の熱めの二つの浴槽が並んでいます。ナトリウム‐塩化物温泉で浜の近くのため塩分濃厚で舐めるとかなりの塩味がします。地元の方の話では源泉温度は70~80度の高温とのことです。地元、近所の常連さんが多く、新鮮な湯でとても温まる良温泉でした。

おすすめ記事

詳細情報

住所
鹿児島県指宿市湯の浜・十二町など [ 地図 ]
エリア
指宿・薩摩半島エリア
電話番号
0993222111
交通
最寄り駅:指宿
アクセス:JR指宿駅からバス5分。または徒歩15分
指宿スカイライン谷山ICから県道219号、国道226号経由40km
泉質
ナトリウム-塩化物泉など
泉温
60-85℃
効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、痔疾、婦人病など
源泉数
1062
飲用
一部可
宿泊施設数
48
日帰り温泉施設数
18
備考
【問合先】指宿市役所観光課

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          鹿児島 の主要エリア

          around-area-map

          頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          鹿児島の写真集