関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

三菱長崎造船所 旧木型場(三菱重工業(株)長崎造船所史料館)

安政4年(1857)建設の長崎鎔鉄所を創業とする三菱重工業(株)長崎造船所。飽の浦の本工場内には、明治建造の第三船渠やジャイアント・カンチレバークレーン、旧木型場、占勝閣などが残り、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一部となっている。史料館として公開している旧木型場は、明治31年(1898)の総レンガ造り2階建てで、屋根を支える小屋組みの木造クイーンポストトラスが特徴的。長崎造船所に現存する建物の中でも最古のもの。館内では、「戦艦武蔵」など13のコーナーで約900点の資料を展示。造船所の歴史や日本の近代工業黎明期を紹介している。見学は予約制で、長崎駅前発着のシャトルバスに乗車する。

place

長崎県長崎市飽の浦町1-1 (長崎・諫早・大村エリア)

phone 0958284134
place

9時-16時30分

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県長崎市飽の浦町1-1 [地図]
エリア
長崎・諫早・大村エリア
電話番号
0958284134
営業時間
9時-16時30分
定休日
第2土曜、史料館停電日(要確認)
料金
施設維持管理費大人(高校生以上)800円、小・中学生400円、未就学児無料。予約制
交通
最寄り駅:長崎(長崎)
備考
【問い合わせ先】
三菱重工業(株)長崎造船所 史料館

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。