関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

カトリック黒島教会(黒島天主堂)

世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産「黒島の集落」にある教会。初代の木造の黒島天主堂ができたのは明治12年(1879)。明治35年(1902)に、マルマン神父の設計で、信者の資金供出と献身的な労働奉仕によってにロマネスク様式のレンガ造りの堂々とした教会が完成した。奥行35m、間口15mの三廊式の教会堂で、リブ・ヴォールトの天井が美しく、黒島特産の御影石「黒島みかげ」が多く使われ、祭壇下には1800枚の有田焼磁器タイルが敷き詰められているなど、国指定重要文化財にふさわしい造りとなっている。2019年2月-2021年3月に保存修理工事を予定。見学は外部の見学台からのみ。

place

長崎県佐世保市黒島町3333 (佐世保・平戸エリア)

phone 0958237650
place

9-16時

黒島天主堂の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/05/05 ステンドグラスが素敵です
今は補修工事をしていて外観しか見ることができませんが、絵葉書が売っているので、雰囲気は分かります。レンガ造りのすてきな教会です。案内の看板も綺麗で分かりやすいです。
投稿日:2019/01/30 厳かな雰囲気をいつまでも
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンターで見学の予約をし、軽自動車のレンタカー丸ごとで黒島を訪問しました。が、島内の道は狭く軽自動車でも気を遣うほどのところがあるため、電動自転車がお勧めだと思います。島内は坂が急で、よほど健脚な方以外は電動が賢明だと思います。
黒島天主堂は、小さな島に不釣り合いなほどの立派なレンガ造りで圧倒されます。内部は幸運にも天気の良い日だったこともあ...
投稿日:2018/08/23 島の丘の上にある世界遺産の教会
港の世界遺産センターで事前予約した電動自転車で丘の上の教会に,坂がきついので正解でした、歩くと暑いのと登坂なのでレンタルがお勧めです。 ここは黒潮集落が世界遺産に登録されたばかりで迫害を逃れた潜伏キリシタン達が暮らした島。 事前予約が必要です。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県佐世保市黒島町3333 [地図]
エリア
佐世保・平戸エリア
電話番号
0958237650
営業時間
9-16時
定休日
不定休
駐車場
有り
料金
拝観無料(見学は保存修理工事により外観見学のみ)
交通
最寄り駅:佐世保
備考
【問い合わせ先】
長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。