NAVITIME Travel

徳島県立文学書道館

博物館/科学館

瀬戸内寂聴やモラエス、線の行者とよばれた書家・小坂奇石[こさかきせき]など、徳島ゆかりの文学者・書家の作品や資料を収蔵、紹介するミュージアム。瀬戸内寂聴記念室では、京都にある「寂庵」の書斎を再現、全作品を一堂に展示しており、必見。

place

徳島県徳島市中前川町2-22-1 (徳島・鳴門エリア)

phone 0886257485
place

9時30分-17時

徳島県立文学書道館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/08/22 徳島城跡から1kmちょっと歩いて
立派な建物だったので、ちょっと覗いてみたのですが興味の薄い分野だったので興源寺の蜂須賀家のお墓群の方を先に見に行って戻ってきたら17時閉館で間に合いませんでした。
投稿日:2018/01/08 洗練されています
母が書をしていて、亡き父が瀬戸内寂聴と近所の同じ年の幼馴染であったこともあり訪れました。徳島で生まれ育った私が、こんな洗練された施設ができるとは思っていませんでした。3階の瀬戸内寂聴の部屋、モラエスや賀川豊彦など徳島ゆかりの人物を知ることのできる素晴らしい施設です。
投稿日:2017/09/10 瀬戸内寂聴について詳しく学べる
訪れたのが8月で夏休み中だったので、常設展示が無料で見ることができました。徳島出身の作家や書家、漫画家の作品が展示されています。特に瀬戸口寂聴について詳しく学べます。

おすすめ記事

詳細情報

住所
徳島県徳島市中前川町2-22-1 [ 地図 ]
エリア
徳島・鳴門エリア
電話番号
0886257485
営業時間
9時30分-17時
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)
駐車場
有り
料金
常設展観覧300円
交通
最寄り駅:徳島

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          徳島 の主要エリア

          around-area-map

          400年以上の歴史をもつ「阿波踊り」で有名な徳島県は、鳴門海峡の渦潮や祖谷渓など観光資源の多い地域です。阿波牛、阿波ポーク、阿波尾鶏の「阿波畜産3ブランド」をはじめとして、なると金時、鳴門わかめ、竹ちくわ、スダチなどの名産品が有名で人気があります。 交通アクセスは、徳島阿波おどり空港の利用が便利で、羽田空港・福岡空港からはどちらも約1時間です。 県の北部・徳島市にある「眉山(びざん)」は市のシンボルで、とても美しい夜景を見ることができます。南部にある美波町には、厄除寺として全国に知られている「薬王寺」があります。また徳島県は、絶滅危惧種アカウミガメの産卵地でも知られ、美波町には全国でも珍しいウミガメ専門の博物館「日和佐うみがめ博物館カレッタ」があります。祖谷エリアにある「祖谷のかずら橋」は、秘境・絶景スポットとして注目を集めるスポットです。 ご当地グルメは、徳島ラーメン、たらいうどん、鳴ちゅるうどん、半田そうめんなど、麺類が多いのが特徴です。

          関連する記事

          関連する観光コース

          徳島の写真集