NAVITIME Travel

与論民俗村

歴史的建造物

昭和30年代頃まで実際に島で使われていた琉球様式の武家屋敷、与論独特の茅葺き民家や高倉が立ち、古きよきのどかな与論の風景を彷彿とさせる。建物内には生活道具や漁具などが展示されている。所蔵民具のうち1094点が町指定有形民俗文化財。見学者には、経営者の菊さん一家が丁寧に説明し、お茶とお菓子もサービスしている。時間があれば、芭蕉布作りや黒糖作り、ソテツを使った郷土玩具作り、草木染め各1000円-にも挑戦しよう(なるべく予約を)。ガイド所要20分。

place

鹿児島県大島郡与論町東区693-2 (奄美・屋久島・種子島エリア)

phone 0997972934
place

9-18時

与論民俗村の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/11/18 あたたかい対応
9月の台風上陸直前に行きました。
台風に備えて屋根の手入れ等されており忙しそうでした。
丁寧に説明していただきましが、狭くてすぐ終わってしまった。
最後にお茶と漬物などを出してくれてほっこりします。
お母さん手作りのパパイヤの漬物とみそをお土産に買いました。
与論島の良さが感じられるところです。
投稿日:2018/04/18 鹿児島でもなく、沖縄でもない与論島を知る
民間の施設ですが、ご夫婦で丁寧に管理運営されています。狭い島ですので、与論島に伺うことがあれば是非、寄って下さい。与論島での日常生活が理解できるような仕組みになっています。一応みやげ物は置いていますが、パパイヤ等の島のものの漬物などお茶と一緒に時間があれば出してくれます。また、管理人の主人がいろいろとお話をしてくれますので、訊ねられることがよいでしょう。狭い島ですので、レンタカーより、原付か100...
投稿日:2018/04/16 丁寧な解説で納得
2017年9月に行きました。
古民家を移設して展示してある民俗村です。だいたいこの類の施設は、適当に施設内を見て回って、へーっという感じで終わるのが多いですが、ここは少し違っていました。

オーナーの方が、いい距離感を保ちながら短時間でシッカリと詳しい解説をしてくれます。質問にも的確に答えてくれて、与論島の民俗についての理解が深まりました。最後に、お茶とお菓子を頂きました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
鹿児島県大島郡与論町東区693-2 [ 地図 ]
エリア
奄美・屋久島・種子島エリア
電話番号
0997972934
営業時間
9-18時
定休日
無休
駐車場
有り
料金
入村400円
交通
最寄り駅:与論空港

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          鹿児島 の主要エリア

          around-area-map

          頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          鹿児島の写真集