関連する記事

関連する観光コース

- 鹿児島 PHOTO ALBUM -

banner_photo

鶏飯元祖 みなとや

奄美大島の赤木名港に面してある、昭和21年(1946)に創業した鶏飯の老舗。店前の大きな鶏のメニュメントが目印だ。鶏飯とは奄美を代表する郷土料理で、約400年前、薩摩の役人をもてなすために考え出されたのが起源という。この店の初代岩城キネさんが、炊き込みご飯のようだった鶏飯をアレンジし、現在のご飯に具材をのせて鶏スープをかけて食べるスタイルを作り上げた。鶏飯1000円、奄美特産もずくとのセット1300円、豚骨とのセット1500円。付け合わせのパパイヤ漬けも絶品だ。地元の鶏を丸ごと使ったスープは、その日に作ったものしか使わないためスープがなくなり次第閉店する。

place

鹿児島県奄美市笠利町外金久81 (奄美・屋久島・種子島エリア)

phone 0997630023
place

11時-材料が無くなり次第閉店

みなとやの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/03 やはりダシが最高
他の方も書いてるけどダシがコクと旨味があって最高でした。

並んでまでして食べるべきか。まあ、初めてならそう思います。
天皇陛下や安倍総理が訪問したこともあるそう。待合室でかかってた音楽も趣がありました。お昼のメニューは鶏飯のみ。日曜に行きましたが30−40分並びました。

お米についてあまり美味しくないという人がいましたが、それはわかります。
感じたのは奄美全体でそういう面があるかなということ...
投稿日:2020/01/28 混んでいました。
空港までの帰路に寄りました。駐車場は向かって右にも2台分在りました。中に入れば、鶏飯は直ぐに出てきますが、飛行機の時間に余裕を持って行った方が良さそう。鶏飯はスープは美味しかったです。
鶏と卵は普通かしら
投稿日:2019/12/11 鶏飯食べるならここ!
奄美大島で最初に食べた鶏飯が「え?こんなもんがソウルフード?」って感じで鶏飯はもう食べなくてもいいかなと思ってましたが、宿の主人に勧められ「みなとや」さんで食べたら前のとは別物、スープが最高!
オフシーズンでオープン同時の11時半に行ったので空いていて良かったです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
鹿児島県奄美市笠利町外金久81 [地図]
エリア
奄美・屋久島・種子島エリア
電話番号
0997630023
営業時間
11時-材料が無くなり次第閉店
定休日
不定休
駐車場
有り
交通
最寄り駅:奄美大島空港

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          鹿児島 の主要エリア

          around-area-map

          頻繁に噴火活動をしている「桜島」や「霧島山」がある自然豊かな鹿児島県は、「鹿児島空港」が三大都市圏と直行便でつながっており、東京からは飛行機で約2時間ほどで着きます。 鹿児島県は、605もある島を有する豊富な自然環境が魅力の県です。島には、世界遺産に登録されている屋久島や、マングローブが生息する奄美大島、ケイビングの聖地と言われている沖永良部島など、魅力のある場所がたくさんあります。 内陸には、ロケット発射場である「種子島宇宙センター」があり、豊かな自然だけでなく知的好奇心をくすぐるスポットもあります。 コンビニなどでも見かけるアイスの「しろくま」は鹿児島県発祥のスイーツで、県内にはさまざまなお店があります。本場のしろくまは、山盛りのかき氷にたくさんのフルーツが乗っている絶品スイーツです。また、豚骨ベースの鹿児島ラーメンや、鶏肉を使ったみそ汁のさつま汁なども鹿児島ならではのおすすめグルメです。