NAVITIME Travel

ふるさと文化センター

博物館/科学館

明治33年(1900)八丈島の豪商、玉置半右衛門[たまおきはんえもん]の開拓に始まる島の歴史や文化を紹介している資料館。とりわけ製糖会社支配時代に関する資料は必見。製糖会社が貨幣の代わりに発行していた物品引換券や渡島承認証などが、当時の管理体制を伝えている。センター横には、サトウキビ運搬や島民の物資の輸送に活躍したシュガートレインも1両保存展示されている。

place

沖縄県島尻郡南大東村在所317 (大東諸島エリア)

phone 0980222815
place

9-17時

ふるさと文化センターの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/01/11 シュガートレインのビデオはマニア必見
島の歴史を学べる施設。島内で流通していた会社発行の「通貨」や土地所有権獲得運動の署名束など、大東諸島の特異な歴史を物語る貴重な資料が展示されています。ただし収集したものをそのまま並べているような感じで、展示の仕方には工夫が欲しいところ。戦後沖縄唯一の鉄道だったシュガートレインについてのビデオがあるので、鉄道に関心のある方は館員の方に見せてもらいましょう。実物車両の展示は館外です。
投稿日:2019/02/12 南大東島の生い立ちが良く分かる資料館です。
ここと、ダイトウオオコウモリが館長の島まるごと館は、ぜひお勧めしたいと思います。文化センターの入場料は大人が、200円。開館時間は9:00-17:00ですが、お昼休みを取る時がありますので注意して下さい。大東島は雨天の時に行ける場所が少ないので、雨天の時の見学場所として良いですね。文化センターは、docomoショップを兼ねているので、Free Wi-Fi が使えます。ちなみに、au...
投稿日:2019/01/22 ほのぼの
村立ですが、窓口の周りに子供が遊んでいるなどほのぼのした印象。営業時間も…。
ここでお土産(燻製)を買いました。
また、同じような資料館が島の
中央にあります。

おすすめ記事

詳細情報

住所
沖縄県島尻郡南大東村在所317 [ 地図 ]
エリア
大東諸島エリア
電話番号
0980222815
営業時間
9-17時
定休日
無休
駐車場
有り
料金
入館200円
交通
最寄り駅:南大東空港

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。

          関連する記事

          関連する観光コース

          沖縄の写真集