関連する記事

関連する観光コース

- 長崎 PHOTO ALBUM -

banner_photo

小値賀町歴史民俗資料館

4.5

資料/郷土/展示/文学館

江戸初期に壱岐から小値賀島に移り住み、捕鯨や新田開発、酒造業などを営み、小値賀に大きな富をもたらした豪商・小田家。その屋敷を町が譲り受け、一部新館を併設して開館。約1650平方mの敷地内には母屋や土蔵、江戸時代作庭の石州流庭園があり、先祖代々の什器や陶磁器、古文書などで小値賀の一時代を築いた小田家の事跡を紹介。邸宅や家具などからも当時の暮らしぶりに触れることができる。町内の原始・古代の遺跡から発掘された石器や土器、中世の中国貿易に関わる陶磁器、近世の捕鯨道具・茶道具なども展示。野崎島のキリシタン資料や旧野首教会の修復前のステンドグラスも興味深い。 \【写真提供】小値賀町産業振興課

place

長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1931 (五島・対馬・壱岐エリア)

phone 0959564155
place

9-17時(入館は-16時30分)

小値賀町歴史民俗資料館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/06/13 島の歴史などを知る事が出来る資料館
フェリーターミナルから徒歩で商店街の脇道に入ると捕鯨で財をなした塀も立派な旧家を改装した歴史民俗資料館に到着、入場券100円で中に入ると、古代遺跡から捕鯨、近代迄の幅広い民俗資料が展示されています。古代の石器、土器、陶磁器、茶道具そして中国との交易の資料等が沢山展示されています。
投稿日:2018/04/01 さすが小値賀島、整っている!
過疎が進む五島の中でも独特の観光誘致で人気がある小値賀島だけあって、根本的な歴史資料や郷土の資料がちゃんとした形で整えられているのがこの資料館。建物自体も見る価値があるもの、小規模で地味ながら展示もしっかりとしたキュレーションに基づいている。
投稿日:2017/07/23 小値賀のことはここから
町の歴史を知ってから行動したいといつも思う。港からも歩ける距離だし、豪商の屋敷を使って、展示されていて、雰囲気もあるし、古代からの町の歴史が偲ばれる。

おすすめ記事

詳細情報

住所
長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷1931 [地図]
エリア
五島・対馬・壱岐エリア
電話番号
0959564155
営業時間
9-17時(入館は-16時30分)
定休日
月曜(祝日または振替休日の場合は翌日休み)、館内整理日(毎月25日、ただし日曜の場合は除く)
料金
入館大人100円、高校生以下無料
交通
最寄り駅:小値賀港<小値賀島>

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長崎 の主要エリア

          around-area-map

          長崎県は、長崎空港から各県へと直行便でつながっており、東京からは約2時間、大阪からは約1時間15分、名古屋からは約1時間25分でアクセスできます。 そんな長崎県の目玉スポットと言えば、佐世保市にある「ハウステンボス」です。敷地面積日本最大のテーマパークと言われている園内には、さまざまな花が咲き誇っており、昼は景色やアトラクション、夜はイルミネーションなどを楽しめます。佐世保市は島がたくさんあることでも知られ、海を望めば島々が密集している姿が見られます。他にも雲仙市の温泉や、県のあちこちにある「隠れキリシタンの関連遺産」など、体験、歴史、さまざまな側面を楽しめます。 長崎は中国が近いこと、また、昔はポルトガル人との交流も盛んだったため、からすみやカステラ、佐世保バーガーなど、海外から伝来したものをベースにした名産や料理も数多く存在します。また、ご当地が生んだ定番グルメとして、豚骨スープに魚介・野菜・豚肉を入れたちゃんぽんが有名です。