NAVITIME Travel

藤原義江記念館

記念館

関門海峡を望む小高い丘の上に立つ洋館で、日本にオペラの基礎を創りあげた世界的オペラ歌手・藤原義江(1898-1976)の記念館。下関在住の作家・古川薫氏による直木賞受賞作『漂泊者のアリア』のモデルとしても知られている。館内には義江の遺品や写真などを展示。見学は予約が必要だ。

place

山口県下関市阿弥陀寺町3-14 紅葉館 (下関・宇部エリア)

phone 0832344015
place

10時-11時30分、13-16時

藤原義江記念館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/01/22 最近二度行ってみたがいつも閉鎖中
イギリスの友人夫婦が下関を訪問してくれた。我々とも音楽とワインが共通の趣味で、長年付き合っているのだが、今回、日清講和会議の会議場を見た後で、こちらの入口まで来てみた。彼らもオペラ好きなので、当然、関心を持ってくれたのだが、今回も閉鎖中だった。外から写真だけ撮って、内部見物はあきらめた。私は随分前に、内部も見たことがあるので、その思い出を話して聞かせた。内部では、かつては、SP盤のレコードをかけて...
投稿日:2018/05/02 丘の上の白い洋館
関門海峡を見下ろす小高い丘にある洋館で、現在は、世界的なオペラ歌手の藤原義江氏の記念館になっています。日清講和記念館の近くの木立の中の急な坂を5分ほど登らないといけませんが、その分眺望は良かったです。
投稿日:2017/12/15 中途半端に古い社員寮みたい
12月初日家人を誘って訪れました。きっかけはその前日立ち寄った料亭「春帆楼」で見つけた「藤原義江記念館はあちらですよ」の標識。彼は門司港レトロにあるホームリンガ商会に縁のある人物。門司港生まれの私としては放ってはおけませんでした。
坂道をえっちらおっちらで辿り着いた記念館は平日午後にもかかわらず閉館中。外観の印象は「中途半端に古い社員寮みたい」。家人も「なんじゃこりゃ!」といわんばかりのあきれ顔...

おすすめ記事

詳細情報

住所
山口県下関市阿弥陀寺町3-14 紅葉館 [ 地図 ]
エリア
下関・宇部エリア
電話番号
0832344015
営業時間
10時-11時30分、13-16時
定休日
火曜、第3土曜、ほか臨時休館あり
料金
入館無料(要予約)
交通
最寄り駅:下関

情報提供: 株式会社 JTB パブリッシング

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          山口 の主要エリア

          around-area-map

          本州の最西端に位置する山口県。日本海、瀬戸内海、響灘と3つの海に面し、美しい海と砂浜が特徴的です。 県外からのアクセスは山口宇部空港・新山口駅が便利で、羽田空港からは約1時間半、大阪・名古屋からは新幹線で2時間半ほど。 山口県は、下関市のある「西部」、長門市のある「北部」、山口市のある「中部」、岩国市のある「東部」に分かれています。 西部・下関市には、ドラマやCMのロケ地として有名になった「角島大橋」があり、エメラルドグリーンの海と白い橋のコントラストがとてもきれいな人気スポットです。 北部・長門市にある「元乃隅稲成神社」は123基の赤い鳥居が100m以上にわたって並び、赤、青、緑のコントラストが美しい景色は、CNNの「日本の最も美しい場所31選」に選ばれています。 中部・山口市では「龍福寺(大内氏館跡)」や「国宝瑠璃光寺五重塔」が有名です。 東部の鉱山跡を利用したテーマパーク「地底王国美川ムーバレー」では、洞窟探検アトラクションが楽しめます。 グルメは、フグ、クルマエビ、笠戸ひらめ、ケンサキイカなどの海鮮が楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          山口の写真集