関連する記事

関連する観光コース

- 沖縄 PHOTO ALBUM -

banner_photo

浦添の湯

place

沖縄県浦添市沢岻2丁目23-1 (中部・西海岸エリア)

phone 0988781126

浦添の湯の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/04 回数券
例年1月半ばに売り出す回数券は、10回分のを買うと、1回分の入浴券(入浴税は別途)がもらえて、ポイントカードの押印も入浴ごとに1つおまけしてくれるのでお得でした。
投稿日:2019/10/14 営業時間が変わりました
10月から営業時間が変更になり、閉店時間が1時間早まりました。それに伴って、よるのサービスタイムの開始時刻も1時間早まったので、利用しやすくなったと思います。
投稿日:2019/06/20 1時間以内ならまあまあの値段
さっと汗を流したいだけならば、1時間以内にすれば、本島南部では一番安く湯船につかることができる施設です。リピーターの方は、タオルを持参して回数券とポイントカードを駆使すれば、銭湯なみのコストになります。お湯は少しだけツルツルする感じのお湯です。排水のトラップが壊れたような臭いがする時があるのが残念です。

おすすめ記事

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          沖縄 の主要エリア

          around-area-map

          沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。