NAVITIME Travel

新ひだか町アイヌ民俗資料館

資料/郷土/展示/文学館

真歌は江戸時代のアイヌの英雄、シャクシャインの砦跡といわれており、静内地方のアイヌ民具を中心に、アイヌ民俗資料を展示している。

place

北海道日高郡新ひだか町静内真歌7-1 (日高・えりもエリア)

phone 0146433094
place

通常 9:00-17:00

新ひだか町アイヌ民俗資料館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/12/10 良かった!
新ひだか町にあるアイヌ民俗の資料館です。

館内はとても小さく5分、10分で見終わるぐらいですが、中央に展示されているアイヌ船がとても興味深かく、他のアイヌ文化の展示も結構良かったです。

木造小型船ですが、木や布の枠合わせ、紐で固定しているだけなのですが、浸水無く航行できると解説を聞いてびっくりしました。

他にはカムイの短刀などもあって、ロコながら充実した博物館でした。
投稿日:2019/12/01 真歌公園に行ったので
真歌公園に行ったので、アイヌ民族資料館に寄りました。静内地方のアイヌ民具とアイヌの資料が展示してあります。大木をくりぬいた船の大きさにはびっくり。
投稿日:2019/08/16 アイヌの生活の様子もわかる
子供の自由研究のために訪問。
月曜が休館日、無料です。入ってすぐに、アイヌ民族の木造の外洋船が展示してあり 中に乗ることもできます。
儀礼などアイヌと繋がりの深いクマの迫力ある剥製も展示されています。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道日高郡新ひだか町静内真歌7-1 [ 地図 ]
エリア
日高・えりもエリア
電話番号
0146433094
営業時間
通常 9:00-17:00
定休日
毎週月曜
12月-4月
定休日備考
祝日の翌日は休館

情報提供: ゼンリン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          北海道の写真集