滝の湯・温根湯地区:開発!山を使ったアクティビティコンテンツ!

「路線バスと自転車を活用した、東西110km日本一長い北見の旅」をテーマに、北見情報ビジネス専門学校の学生の方が地元をPRする為、北見を3つの地区に分けてモデルコースを作成し、体験しました。 3つ目のコースではまずイトムカ鉱業所に訪れました。実際に水銀が鉄の上に浮くことや、インフルエンザワクチン・朱肉などにも使われている等初めて知ることばかりでした。中でも、奈良の大仏の塗装にも水銀は使われていて、昔は大仏の色は金色だったということに驚きました。 その後は大雪山を背にし、ゆったりサイクルダウンヒル!最初の10キロは快適!そのあとは平らに近い下りなのでアシストバイクがおすすめです。 丘の上のカフェでは、約365度何もない芝生の上でテントを張ってゆったりとした時間を過ごしながら、のどかな風景を独り占め。また、地元特産品の北海道一の白花豆のスイーツを堪能しながら眺める風景は、至福のひと時です。 

情報提供者:株式会社ナビタイムジャパン
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成
create plan image

紹介したコースをベースに、オリジナルの旅行プランが作成できます。さらに、行きたい場所を追加するだけで自動でルートやタイムスケジュールを表示し、あっという間にプランが完成します!

このコースからプランを作成